零の凱歌[1]マーシャル沖の飛翔

零の凱歌[1]マーシャル沖の飛翔

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

戦艦『武蔵』建造中止!──アメリカとの開戦が不可避となりつつある中、衝撃的な決定が海軍内を駆け巡った。日本は戦略方針を一大転換し、世界の常識だった大艦巨砲主義の殻を脱ぎすて、新戦力たる航空主兵主義を纏うことにしたのである。その中核的存在は、対米避戦を唱えながら皮肉にも陣頭に立つことになる山本五十六。戦争を望むのはアメリカの方であることを知り、やむなく勝利への準備を模索し始めたのである。その成果が、航空技術者を総力結集して開発した新型艦載機であった。米太平洋艦隊とマーシャル沖にて会敵した第一航空艦隊は直ちに奇襲を敢行!産声をあげた零式艦上戦闘機二三型の大編隊が、世界最強艦隊を震撼の渦に巻き込んでいく!!航空機の大いなる可能性に帝国の未来を賭けた男たちを描く、待望の本格的シミュレーション・ノベル、第一巻。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(フィクション)
出版社
コスミック出版
掲載誌・レーベル
コスモノベルズ
ページ数
214ページ
電子版発売日
2017年03月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

零の凱歌[1]マーシャル沖の飛翔 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月03日

     大艦巨砲主義から航空主兵主義へ転換する過程が対立の構図でリアルに描かれていた。兵棋演習、海軍大演習で航空主兵主義の優位性を示すくだりはなかなか説得力があった。タイトルの通り空戦メイン。航空機を有効に戦力として活用したこともあり、帝国海軍の一方的な勝利に終わった。しかし、爽快さよりも次の戦いで訪れる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

零の凱歌 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 零の凱歌[1]マーシャル沖の飛翔
    戦艦『武蔵』建造中止!──アメリカとの開戦が不可避となりつつある中、衝撃的な決定が海軍内を駆け巡った。日本は戦略方針を一大転換し、世界の常識だった大艦巨砲主義の殻を脱ぎすて、新戦力たる航空主兵主義を纏うことにしたのである。その中核的存在は、対米避戦を唱えながら皮肉にも陣頭に立つことになる山本五十六。戦争を望むのはアメリカの方であることを知り、やむなく勝利への準備を模索し始めた...
  • 零の凱歌[2]巨大空母『武蔵』誕生!
    開戦劈頭、零戦二三型大編隊にて米太平洋艦隊を急襲し、大勝利を治めた日本は、次の標的を英東洋艦隊に定め、インド洋打通を目的とする陽号作戦を発動する。この作戦の狙いは、アジア方面から英国軍を一掃し、ドイツとの連絡網を常設して同盟深化を図ることにあった。出撃した第一航空艦隊の旗艦空母『大鳳』以下の甲板を蹴って、再び零戦が飛翔!第一艦隊戦艦『大和』の巨砲がセイロンに咆哮し、見事作戦...
  • 零の凱歌[3]決戦!フィリピン沖海戦
    一九四三年一一月、日本海軍は英国上陸を目論むドイツ支援のため、戦艦「大和」を旗艦とする第一艦隊をドーバー海峡に派遣、イギリス本国艦隊を打ち破り、勝利する。だがその一方、再建なった米太平洋艦隊は、日本と南方資源地帯との海上輸送路を断ち切るため、フィリピンに迫っていた。もしここで敗北、撤退となれば、帝国の敗戦はほぼ決する──連合艦隊司令長官山本五十六大将はそう覚悟。あえて占領下の...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています