戦艦「大和」撃沈指令 超艦上戦闘機「烈風」【1】

戦艦「大和」撃沈指令 超艦上戦闘機「烈風」【1】

作者名 :
通常価格 1,045円 (950円+税)
獲得ポイント

5pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

対米国力差から真に日本のことを考えるならば、大和型戦艦の建造計画は絶対に葬らねばならない!
日本海軍リベラル派は、避けられぬ対米戦へ向け、大胆な航空主兵主義を打ち出した。
その中心は、零戦および超零戦「烈風」へとつながる高性能戦闘機の開発と、装甲空母「信濃」らで構成する機動部隊の創設であった。
しかし、造船、航空設計、海軍中枢で恩讐を忘れぬ国内の敵が牙を剥く。
一方、日増しに緊張感の高まる日米関係。度重なる米海軍の挑発に耐え抜いていた日本に対し、しびれを切らしたルーズベルトは、ついに宣戦布告。台湾の日本軍基地に奇襲をしかけるのであった!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(フィクション)
出版社
電波社
電子版発売日
2021年09月10日
紙の本の発売
2021年08月
サイズ(目安)
1MB

戦艦「大和」撃沈指令 超艦上戦闘機「烈風」【1】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

超艦上戦闘機「烈風」 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 戦艦「大和」撃沈指令 超艦上戦闘機「烈風」【1】
    対米国力差から真に日本のことを考えるならば、大和型戦艦の建造計画は絶対に葬らねばならない! 日本海軍リベラル派は、避けられぬ対米戦へ向け、大胆な航空主兵主義を打ち出した。 その中心は、零戦および超零戦「烈風」へとつながる高性能戦闘機の開発と、装甲空母「信濃」らで構成する機動部隊の創設であった。 しかし、造船、航空設計、海軍中枢で恩讐を忘れぬ国内の敵が牙を剥く。 一方、日増しに緊張感の高まる日米関係。度重なる米海軍の挑発に耐え抜いていた日本に対し、しびれを切らしたルーズベルトは、ついに宣戦布告。台湾の日本軍基地に奇襲をしかけるのであった!
  • 突撃! 帝国大艦隊 超艦上戦闘機「烈風」【2】
    日本側についた仏伊艦隊の活躍によって米艦隊は後退し、真珠湾には一時的に太平洋方面の敵戦力が集中した。 そこを新造した大型空母「信濃」を中心とする第一航空艦隊が強襲。世界初の空母機動部隊による攻撃が始まった。 快進撃を続ける連合艦隊司令部はこの機を逃さず、ミッドウェー作戦を決行する。 一方、新型戦闘機F6Fを完成させた米軍は、新機動部隊を編成し反撃。絶対的自信を持っていた零戦を、次々と撃墜していく。 超大国が牙を剥き始めた瞬間だった。 窮地に追い込まれる連合艦隊は、米新型戦闘機に対抗すべく零戦後継機「烈風」の開発を急ぐのだが……。
  • 最強艦戦出撃 超艦上戦闘機「烈風」【3】
    F6F、F4Uと相次ぐ敵新型機の前に、零戦の無敵神話は崩壊し、日本海軍最大の拠点トラック基地は壊滅した。 次にアメリカ軍が狙うのはマリアナだったが、疲弊した連合艦隊にそれを阻む術はない。 マリアナを飛びたつ新型超重爆撃機B-29による、日本本土空襲の危機が迫る。 そこで、日本海軍は苦肉の策として、マリアナを囮とした秘策を繰りだした。 零戦の後継機として登場した烈風が起死回生の一撃を見舞い、空母『信濃』も傷つきながらも奮闘するのだが……。 友情、復讐、敬意……男たちの様々な感情が洋上でぶつかり、火花を散らす。魂を揺さぶる絶叫が轟く大団円。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング