魔王の器 I

魔王の器 I

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

貴族に生まれながら、劣等生として不遇の日々を送っていた少年・カムイ。自ら死を望む彼の眼前に現れたのは――漆黒の剣を携えた妖艶な魔族だった。のちに≪四柱臣≫と呼ばれる仲間たちと交わした契り。≪黄金の世代≫と称えられる皇国学院の同級生たちとの邂逅。運命はカムイを、少しずつ覇道へと導いていく。少年の意志が、新たな戦記を紡ぐ。ダーク・エピック・ファンタジー、ここに開幕。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
KADOKAWA
電子版発売日
2017年02月28日
紙の本の発売
2017年01月
サイズ(目安)
15MB

魔王の器 I のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    Sky 2017年03月08日

    とても面白かった
    主人公の考え方や悪ガキぷりも楽しかった
    周りの個性もいいね
    早く次がみたいです!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月05日

    ライトノベルと云うには骨太で重量感(質量ともに)ある内容。もちろん大長編だけど取り合えず皇国学院編ならネットでも終わっている。群像戦記ものの始まり。
    主人公カムイの努力の天才なところと、仲間を初めとする個性ある面々がストーリーに深みを与えている。
    ネットと大筋では変更無し。
    イラストはイメージとは違...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    読み応えあるストーリー

    あうら 2018年03月05日

    成り上がり?とはちょっと違うかな。転生やチートといったものではない。
    世直しに近いストーリー性だと思われる。
    一度は去った学園に巡り合わせにより、
    主人公と仲間達と戻ってくる。黄金時代と言われる世代でさまざな策略や情報を駆使して立ち回っていく。読んでいくとどんどん引き込まれるストーリー性は読ん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    若干くどいけど

    琥珀のタナ 2020年04月24日

    序盤、中盤あたりの
    後の.......、しかし今は知る由もない。
    みたいなくだりが連続して何回も出てきたのはさすがに厨二過ぎるしくどかったけど、

    ストーリー的には好き。

    将来に着いてはあまり触れずにそのまま書いてくれた方が面白いかな。とは思いますが。

    このレビューは参考になりましたか?

魔王の器 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 魔王の器 I
    1,320円(税込)
    貴族に生まれながら、劣等生として不遇の日々を送っていた少年・カムイ。自ら死を望む彼の眼前に現れたのは――漆黒の剣を携えた妖艶な魔族だった。のちに≪四柱臣≫と呼ばれる仲間たちと交わした契り。≪黄金の世代≫と称えられる皇国学院の同級生たちとの邂逅。運命はカムイを、少しずつ覇道へと導いていく。少年の意志が、新たな戦記を紡ぐ。ダーク・エピック・ファンタジー、ここに開幕。
  • 魔王の器 II
    1,320円(税込)
    新入生失踪、貧民街炎上事件から幾日。学院は仮初めの平穏を取り戻していた。 魔道士団長の娘・マリー率いる魔道研究会――そしてカムイたちを除いて。 “合同演習合宿”に訪れたカムイを陥れる、マリーの罠。 迫る“死”の足音……響く怒号と悲鳴。 “1000の魔物”と激突する、生徒たちに残された未来。 「死を恐れずに立ち向かう道を」 ――秘めたるカムイの実力が、今、解き放たれる。
  • 魔王の器 III
    1,320円(税込)
    皇国学院の春期休暇を、東西伯家の別荘で過ごすこととなったカムイたち。 各人の想い乱れる小旅行を契機に――皆の心にも少しずつ変化が訪れる。 自身の野望を定め、決意を新たにするオットー。 歪な関係を深めてゆくディーフリートとセレネ。 叶わぬ願いを、言葉にして紡ぐヒルデガンド。 「私は……貴方が好きです」 ――季節は巡り、運命はさらに加速していく。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

魔王の器 に関連する特集・キャンペーン