機械じかけの竜と偽りの王子

機械じかけの竜と偽りの王子

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

奴隷のイアンは、戦場から逃げる際に、たまたま目の前に現れた『王家の正統な血を引く者にしか動かせない』はずの機巧鎧エリュシオンに搭乗。さらにエリュシオンの操縦することに成功する。その“偶然”が、王を失い首都まで奪われたリュクサリア王国の貴族ヴィクトの目にとまり、イアンの運命は大きく動きはじめた。また、リュクサリア王国の王女フランシスカはイアンを腹違いの兄と信じ込み……。 機械じかけの巨大兵士──機巧鎧が斬り合う戦闘。出生の謎。決戦機と呼ばれる謎の存在──すべてを詰め込んで物語の幕が開く。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2017年03月30日
サイズ(目安)
13MB

機械じかけの竜と偽りの王子 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年11月03日

    だいぶ前に買ったまま放置していた……。

    面白い! 
    こういう巻き込まれ型のファンタジーって大好きだ。いろんな状況から、YESと言わざるをえなくなって、そのままなし崩しに流されていく主人公。でも、強い。
    実は本当にお兄さまだったりするか、出生の秘密はありそうな匂いがします。

    で、調べたら、放置して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月12日

    『火の国風の国』電撃版
    あちら無双こちら機動戦士
    『空鐘』と同じく空虚な音
    そもそもライトノベルで群像劇形式の歴史物は無理

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月20日

    奴隷から一転、王子の身代わり?にという王道展開。人形の戦闘機が登場するのでけっこうボリュームのある戦闘シーンが多いと思います。政治の中心に主人公が放り込まれたので、様々な思惑が交差しまくっている。まだ一巻なので各キャラ匂わせる程度で今後どのように動くのか気になります。イアンの正体も気になるし、続きも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月08日

    小説のイラスト、題名にひかれて手にとった。王家や、戦闘機械、奴隷でありながら高貴な血筋をひくかもしれない青年など見る要素満載ではあったけど、中途半端な気もした。文章は素晴らしかったが青年の素性と正体、エリクソンの奇妙なまでの姫への憧憬と執着、オルガンドとリュクサリアの決着の白黒など曖昧な部分が多い。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月04日

    結構おもしろかった。
     ストーリーは良くある話だが、偽りの王子と姫の関係はどうなるのか?
      ちょっと都合よすぎる感じもするけど。

     これからの展開に期待

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月24日

    機械モノだけど、別世界モノは全部ファンタジーということで。

    これは、ラノベらしいベタさで、機械も出てくるし、まあ面白くないわけでもなく、普通に面白く読めたけど、それだけという感じ。
    続きがあれば読んでみたいけれども、読み切りっぽかったからないんだろうな。


    総評:普通。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    電撃今月の新刊、タイトルに惹かれて買ってみました。

    きっと、壮大な歴史浪漫になってくれるだろう、という気体に満ちた作品。
    イスカリオテと同じく、二巻目に期待です。

    二巻目も面白かったら文句なしにそろえるシリーズになるかな。

    このレビューは参考になりましたか?

双竜記 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 機械じかけの竜と偽りの王子
    奴隷のイアンは、戦場から逃げる際に、たまたま目の前に現れた『王家の正統な血を引く者にしか動かせない』はずの機巧鎧エリュシオンに搭乗。さらにエリュシオンの操縦することに成功する。その“偶然”が、王を失い首都まで奪われたリュクサリア王国の貴族ヴィクトの目にとまり、イアンの運命は大きく動きはじめた。また、リュクサリア王国の王女フランシスカはイアンを腹違いの兄と信じ込み……。 機械じか...
  • 双竜記II 機械じかけの竜と火焔の翼
    王族の中でも選ばれた者にしか動かせない機巧鎧(アームネイン)エリュシオンに乗り、リュクサリア軍の旗印となった戦闘奴隷の少年、イアン。王都奪還に向けた進軍の中、思わぬアクシデントにより、妹姫フランシスカとともに本隊からはぐれてしまう。2人きりで一夜を過ごし、彼女の胸中を知ったイアンは「偽りの王子」という立場を貫く覚悟を決めるのだが……!? 一方、守勢に立たされた敵国オルガンドは、『...
  • 双竜記III 機械じかけの竜と闇の咆哮
    ついに王都を取り戻すための決戦が始まった。しかし王城を包囲する「偽りの王子」イアン率いるリュクサリア軍と、篭城策に出たオルガンド軍との戦いは長期化の様相を呈しはじめ、次第にリュクサリアに疲弊と惰性を生み始めていた。状況を打開すべく、近衛副長官ヴィクトは予め準備しておいた『秘策』を実行に移すのだが──。 そして、その戦の最中、ふとしたことからついにイアンはその正体をある人物に知...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています