2020年、人工知能は車を運転するのか 自動運転の現在・過去・未来

2020年、人工知能は車を運転するのか 自動運転の現在・過去・未来

作者名 :
通常価格 1,463円 (1,330円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

人と人工知能が協調して車を運転する未来。
東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年をひとつの節目に、人と車との関わりかたが大きく変わろうとしている。
本書では、手動運転→協調運転→自動運転への進化と、この進化を加速させる人工知能との連携について、日本の自動運転戦略を担うSIP-adus(内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム 自動走行システム)、独自の哲学で技術開発を進めるトヨタ/日産/ホンダ/マツダ、人間の研究から自動運転に取り組むオムロンなど、各業界を牽引するエキスパートが自動運転×人工知能の現在と未来を語る。

主な内容は、

第1章 自動運転を取り巻く世界と日本の動き
自動運転の定義と技術
自動運転に必要となる「人/車/道路」の三位一体
など

第2章 車の自動化の歴史と自動運転の基礎となるACC
自動運転の歴史はACCから始まる
ACCの未来はどうなるのか?
など

第3章 自動運転の技術はどこまできているのか
「FUN TO DRIVE」と自動運転を融合させるトヨタ
日産による運転支援技術の集大成「プロパイロット」
「人間の研究」が支えるホンダの自動運転技術
人馬一体を実現するマツダの「GVC」
など

第4章 人工知能が自動運転の発展を加速させる
オムロンの人を理解する「ドライバー運転集中度センシング技術」
スイス・シオンの自律自動運転シャトルバス
など

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 全般
出版社
インプレス
ページ数
288ページ
電子版発売日
2017年02月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

関連タグ:

2020年、人工知能は車を運転するのか 自動運転の現在・過去・未来 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年03月17日

    幅広く自動運転車のセンサー等の技術について解説。各自動車メーカーが同様に開発に乗り出しているインタビューなどまとまった情報収集に良い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています