サッカー批評 89号
  • 値引き
  • 最新刊

サッカー批評 89号

作者名 :
値引き価格 509円 (463円+税) 9月30日まで
通常価格 1,017円 (税込)
紙の本 [参考] 1,375円 (税込)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

日本サッカーの発展を強く願う書き手と作り手の力を結集し、ジャーナリズム路線を疾走する“オンリーワン”のサッカーオピニオン誌!
『サッカー批評89号』の特集
●特集「レーヴ戦術論2.0」W杯“世界最強”「代表チーム」作りの教科書
●ロシア優勝に導く“100の勝利理論”――「2連覇へのロードマップ」ヨアヒム・レーヴ ドイツ代表監督
●「新戦術2.0」と「12年間の進化」で読むレーヴ革命、「最終章」の行方
●独占インタビュー トーマス・ミュラー(バイエルンMF)“W杯男”の「ゴール量産術」
ほか

※本電子書籍内の広告・情報・価格は紙で発行した当時のものとなります。本電子書籍のプレゼント・アンケート等への応募もできません。何卒ご了承ください。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
スポーツ・アウトドア / スポーツ
出版社
双葉社
電子版発売日
2018年06月08日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
30MB

サッカー批評 89号 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

サッカー批評 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • サッカー批評 84号
    値引き
    509円(税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 『サッカー批評84号』は、「新・知将論」を大特集。プレミアリーグでは、コンテ監督率いるチェルシーが、3バックの“新システム”で首位を奪取。Jリーグでは、川崎フロンターレが風間監督の“個のサッカー”で革命を起こした。現代のフットボールは「システム」か「個」か――。その答えに迫る。 また、日本を代表する「5人の“知将”指揮官」をインタビューする。 1. 風間八宏(川崎フロンターレ監督) 2. 森保一 (サンフレッチェ広島監督) 3. 霜田正浩(日本代表ナショナルチームダイレクター) 4. 内山篤 (U-19日本代表監督) 5. 森山佳郎(U-16日本代表監督) さらに、新たな日本代表の「個」の代表となるであろう、ヘーレンフェーン(オランダ)小林祐希選手に独占インタビューする。世界フットーボール界の新トレンド・“コネクティブMF”とは――。「新MF論」に迫る。 ※本電子書籍内の広告・情報・価格は紙で発行した当時のものとなります。本電子書籍のプレゼント・アンケート等への応募もできません。何卒ご了承ください。
  • サッカー批評 85号
    値引き
    509円(税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 『サッカー批評85号』は、クラブワールドカップでレアル・マドリードに互角に渡り合い、世界クラブNO.2となった、【鹿島アントラーズ 大特集 60ページ】となっています。 今年のJリーグの優勝候補筆頭にも挙げられる鹿島が、なぜ“19冠”を達成し「日本初の世界一を狙えるクラブチームとなったのか?」、その“絶対勝利の哲学”と“クラブ創設からの全強化メソッド”に、関係者の独占インタビューを元に迫ります。 ※本電子書籍内の広告・情報・価格は紙で発行した当時のものとなります。本電子書籍のプレゼント・アンケート等への応募もできません。何卒ご了承ください。
  • サッカー批評 86号
    値引き
    509円(税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 なぜ、チッチ・新監督率いる“新生セレソン”は蘇ったのか? 『サッカー批評 86号』は、「最高に強く美しい、ブラジル代表 “王国35年史”大全」をお届けします。 ブラジル代表は、どの代表チームより最速で、W杯ロシア大会の予選を勝ち抜き、本大会出場を決めた。しかし、その裏にはチッチ監督の「高い戦術性」、「テクノロジー・チーム改革」など、水をワインに変えるような“チッチによる哲学革命”があった。ブラジル代表は、なぜチッチ監督により、就任1年で“王国”の威信を取り戻すことができたのか?その秘密に迫ります。また、1982年“黄金のカルテット”から2017年“ネイマール”“ジェズス”まで――。「個」か「組織」か、ブラジル代表の35年の歴史から、“究極”の「セレソン戦術論」に、現地ルポで迫ります。 ※本電子書籍内の広告・情報・価格は紙で発行した当時のものとなります。本電子書籍のプレゼント・アンケート等への応募もできません。何卒ご了承ください。
  • サッカー批評 87号
    値引き
    509円(税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 サッカーに関する批評記事が満載。今号はW杯アジア最終予選徹底特集号。 ※本電子書籍内の広告・情報・価格は紙で発行した当時のものとなります。本電子書籍のプレゼント・アンケート等への応募もできません。何卒ご了承ください。
  • サッカー批評 88号
    値引き
    509円(税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 知的にフットボールを楽しむサッカー専門誌『サッカー批評88号』は、 今季プレミアリーグで独占首位を走る、「マンチェスターC」を率いるグアルディオラ監督と、 日本のフットボールを変えるべく「FC今治オーナー」となった、 岡田武史・日本代表元監督の大特集を、「全24ページ」に渡り行います。 世界と日本を代表する二人の“2大指揮官”が考える「新・蹴球(フットボール)革命論」とは――。 ※本電子書籍内の広告・情報・価格は紙で発行した当時のものとなります。本電子書籍のプレゼント・アンケート等への応募もできません。何卒ご了承ください。
  • サッカー批評 89号
    値引き
    509円(税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 日本サッカーの発展を強く願う書き手と作り手の力を結集し、ジャーナリズム路線を疾走する“オンリーワン”のサッカーオピニオン誌! 『サッカー批評89号』の特集 ●特集「レーヴ戦術論2.0」W杯“世界最強”「代表チーム」作りの教科書 ●ロシア優勝に導く“100の勝利理論”――「2連覇へのロードマップ」ヨアヒム・レーヴ ドイツ代表監督 ●「新戦術2.0」と「12年間の進化」で読むレーヴ革命、「最終章」の行方 ●独占インタビュー トーマス・ミュラー(バイエルンMF)“W杯男”の「ゴール量産術」 ほか ※本電子書籍内の広告・情報・価格は紙で発行した当時のものとなります。本電子書籍のプレゼント・アンケート等への応募もできません。何卒ご了承ください。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています