天国までの49日間【スターツ出版文庫版】

天国までの49日間【スターツ出版文庫版】

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

14歳の折原安音は、クラスメイトからのいじめを苦に飛び降り自殺を図る。死んだ直後に目覚めると、そこには天使が現れ、天国に行くか地獄に行くか、49日の間に自分で決めるように言い渡される。幽霊となった安音は、霊感の強い同級生・榊洋人の家に転がり込み、共に過ごすうちに、死んで初めて、自分の本当の想いに気づく。一方で、安音をいじめていたメンバーも次々謎の事故に巻き込まれ――。これはひとりの少女の死から始まる、心震える命の物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
スターツ出版
掲載誌・レーベル
スターツ出版文庫
ページ数
429ページ
電子版発売日
2017年01月13日
サイズ(目安)
2MB

天国までの49日間【スターツ出版文庫版】 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月27日

    クラスメイトからのいじめを苦に自殺し、霊感の強い同級生、榊洋人と出会います。共に過ごすうちに、死んではじめて自分の本当の想いに気付く。最後は思いもよらない展開で、とても感動しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月20日

    いじめという現代の社会問題を取り上げた作品だった。

    自分も学生時代を経験しているから、いじめがあること、綺麗事だけでは片付けられないこと、自分も簡単に被害者にも加害者にもなりうることを知っている。

    どんな立場に立ったとしても、お互いがお互いの気持ちを考えることが必要なんだと思う。
    自分が立場的に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月09日

    いじめ問題の難しさを痛感しました。
    自分が亡くなったあと周りの人たちはどんな生活を送るのだろうか、そう考えさせられる作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月22日

    いじめを苦に自殺した14歳の安音。死んだものは49日間の地上での猶予を与えられて、その間に天国か地獄に行くことを決めないといけない。

    唯一、亡くなった安音が見える同級生の榊との共同生活。最初は鬱陶しいと思っていた榊も学校の事件を通じて、態度が変わっていく。

    いじめを行っていた同級生の行為が読んで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月16日

    読みながら「自分はどうだっただろう」と振り返らしてくれる本でした。
    次第に主人公に感情移入してしまいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月20日

    いじめから自殺をはかった主人公。
    主人公が幽霊という不思議な視点からの作品。
    まずページをめくった時に感じる主人公の苦しみだったり、辛さだったり。
    あぁ。痛いな。(心がw)と思う。
    読み進めていくうちに家族の愛情や、友達の感じていた気持ち、そしてある男の子の主人公への気持ちに涙が。。。
    現実にもある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月26日

    他の方のように私も内容が少し軽いかなと感じました。
    ですがその反面、読みやすくなっていると思います。
    いじめは人間が存在する以上無くなることはないと思います。ならそれにどうやって対応していくかが重要になってきます。
    もし、今同じ状況の方がいれば読んで欲しいです。
    何かが変わると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月27日

    社会問題である「いじめ」の残酷さと命の有難さを、自殺して幽霊となった私を通して伝えている作品。虐める側の気持ちを人間の弱さとともに感じた。死人に口無しとはよく言ったものであり、復讐は何の生産性もなく自他共に傷つくことだと改めて気付いた。虐め問題を身近に感じている人が読むにふさわしい本だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月12日

    中高生向けのお話かな。
    でも、真摯にいじめの被害者、加害者、傍観者の事が書いてあるとは思う。
    個人的には、最後の再会的なのはいらないかなって思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月24日

    漫画やアニメのような内容なので、映像が頭の中に浮かんできて読みやすかったです。
    ただ、主人公の女の子が良い子過ぎて、こんな子はいないよな~と思ってしまいました。

    このレビューは参考になりましたか?

天国までの49日間【スターツ出版文庫版】 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 天国までの49日間【スターツ出版文庫版】
    14歳の折原安音は、クラスメイトからのいじめを苦に飛び降り自殺を図る。死んだ直後に目覚めると、そこには天使が現れ、天国に行くか地獄に行くか、49日の間に自分で決めるように言い渡される。幽霊となった安音は、霊感の強い同級生・榊洋人の家に転がり込み、共に過ごすうちに、死んで初めて、自分の本当の想いに気づく。一方で、安音をいじめていたメンバーも次々謎の事故に巻き込まれ――。これはひとり...
  • 天国までの49日間~アナザーストーリー~
    高二の芹澤心菜は、東高のボス、不良で名高い及川聖と付き合っていた。ある日一緒にいたふたりは覆面の男に襲われ、聖だけが命を落としてしまう。死後の世界で聖の前に現れたのは、天国に行くか地獄に行くか、49日の間に自分で決めるようにと告げる天使だった。自分を殺した犯人を突き止めるため、幽霊の姿で現世に戻る聖。一方、聖を失った心菜も、榊という少年と共に犯人を探し始めるが──。聖の死の真...
  • 天国までの49日間~ラストサマー~
    霊感があることを周囲に隠し、コンプレックスとして生きてきた稜歩。高校に入って同じグループの友達がいじめを始めても、止めることができない。 そんな中、いじめにあっていた梢が電車に飛び込んで自殺してしまう。責任を感じる稜歩の前に、死んだはずの梢が幽霊として現れる。意外なことに梢は、自殺したのではなく他殺されたと言うのだ。稜歩は、梢の死の真相を探るべく、同じクラスの霊感少年・榊と共...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています