鳥かごのシンデレラ ベレア家の愛の呪縛 I

鳥かごのシンデレラ ベレア家の愛の呪縛 I

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 722円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

醜いあひるの子は知らなかった。彼女を求める、白鳥の情熱的な瞳を。

6年前に両親が亡くなってから、ベアトリスは夢をあきらめ、美しいがわがままなきょうだいを必死に育ててきた。そして彼らからの、使用人のような扱いに耐えていた。しかしある夜、妹にディナーの給仕をしているところを、富豪のエリオットにからかわれ、彼女はついに耐えられなくなる。きょうだいの中で一人だけ美しくないのが、そんなに悪いこと?屈辱と恥ずかしさから、ベアトリスがキッチンに逃げこんでも、追いかけてきたエリオットは“泣き顔まで醜い”とあざけった。ところが彼女が怒ると“かわいい君”と呼び、唇を奪って……。■2011年に惜しまれつつ亡くなった、ロマンスの女王ペニー・ジョーダン。彼女の幻の未邦訳4部作を刊行します。第1作のヒロインはベレア家でいちばん奥手なベアトリス。そんな彼女にエリオットはしびれを切らし、強引な方法で迫りますが……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ハーレクイン・ロマンス小説
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・ロマンス
ページ数
224ページ
電子版発売日
2017年01月13日
紙の本の発売
2017年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

鳥かごのシンデレラ ベレア家の愛の呪縛 I のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年01月29日

    こんな兄弟やだ。
    ヒーローも好きならもっとやり方があるだろうに。
    ヒロインもどうよ⁉️
    自分が兄弟の世話をしなくてはと思うことで自分の存在価値を感じていたかったのかも。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ©︎1986年

    ikm 2017年11月11日

    自己評価が低い長女のヒロイン
    一時期義理兄だったヒーロー
    6人兄弟の長女で、我儘な兄弟の面倒を見て自己犠牲的な長女。
    物語としてはこれこそヴァニラ文庫でTLで書き直したら良さそうなストーリー。
    ありえない自己否定でヒロインには感情移入できないし、ヒーローのヒロインに対する態度もどうかと思う。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年02月16日

    両親が事故死してから自分を犠牲にし、美しくもわがままな弟妹たちの面倒を見てきたヒロイン。
    それをからかうのは異母妹の異父兄であるヒーロー。

    美しい両親や弟妹に囲まれて育ったせいで自己評価が著しく低いヒロイン。
    弟妹たちも悪気はないのだが姉に頼りすぎ、ヒロインも彼らを甘やかし過ぎ。
    でもそんなヒロイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年12月25日

    ☆4.5
    いつもの昔のペニー
    昔の作品でヒーローのモノローグは全然無いので、ちょっとした様子から推測するしかなかったけど、絶対ヒーローはヒロインに片思いだと思ってニヤニヤしながら読み進めた。でも、鈍~いネガティブヒロインで…そのすれ違いがますますヒーローの焦燥を煽り、それを見て私はほくそ笑む、と。

    このレビューは参考になりましたか?

ベレア家の愛の呪縛 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 鳥かごのシンデレラ ベレア家の愛の呪縛 I
    醜いあひるの子は知らなかった。彼女を求める、白鳥の情熱的な瞳を。 6年前に両親が亡くなってから、ベアトリスは夢をあきらめ、美しいがわがままなきょうだいを必死に育ててきた。そして彼らからの、使用人のような扱いに耐えていた。しかしある夜、妹にディナーの給仕をしているところを、富豪のエリオットにからかわれ、彼女はついに耐えられなくなる。きょうだいの中で一人だけ美しくないのが、そんな...
  • 大富豪と手折られた花 ベレア家の愛の呪縛 II
    泣くことも忘れた孤独な私。愛に飢えているとも知らなかった。 ルシーラは仕事が欲しくて必死だった。でも、家族に認めてもらう方法がほかにないからといって、男性のスイートルームに来たのはまずかったかもしれない。案の定、寝室のドアが閉まると、ルシーラはパニックに陥った。現れたニックは、直談判したい社長とは別の実業家だった。そして、今夜は彼女に目をつけていたと言い、男と二人きりになる...
  • ベネチアの真珠 ベレア家の愛の呪縛 III
    胸の鼓動が降伏を知らせるとき。それは危険な愛のはじまり。 結婚式当日、3歳から決められていた許婚に突然捨てられ、フランチェスカは人生の目的を失っていた。傷心を癒やすために、ベネチアからイギリスへ旅立った彼女は、知人の家でオリヴァーという傲慢な男性に出会った。そして恋もまだなのかとあざけられ、さらに傷ついてしまう。女性との噂が絶えないプレイボーイの彼から見れば、世間知らずの私な...
  • 拒めない誘惑 ベレア家の愛の呪縛 IV
    やさしさは誘惑。もう逃げられない。二人の出会いは運命だから。 ロージーは大おばを亡くし、遠縁の親戚の家に身を寄せていた。けれど家主との不倫を疑われて、思わずそこを飛び出してしまう。彼女は見知らぬ土地で、働き口もない不安から、偶然出会ったカラムという男性にすべてを打ち明けた。すると彼はロージーに仕事をくれたうえに、驚くべき提案をする。「僕が君の恋人のふりをし、不倫の疑いを晴ら...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています