その峰の彼方

その峰の彼方

作者名 :
通常価格 896円 (815円+税)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

飽くなき挑戦の果てに辿り着いた奇跡とは!? 感動の超大作

厳冬のマッキンリーを単独登攀中に消息を絶った津田悟。
最愛の妻は出産直前、アラスカを舞台にした新規事業がようやく端緒につくという大事な時期に、
彼はなぜ無謀ともいえる単独行に挑んだのか。
親友の吉沢ら捜索隊は壮絶な山行の末に津田が全てを賭けた挑戦の真実を知る。
山岳小説の最高峰がここに!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
576ページ
電子版発売日
2016年12月16日
紙の本の発売
2016年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

その峰の彼方 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年10月26日

    マッキンリー、別名デナリ

    あまりに有名な山名はおそらく誰でも聞いたことはあるはず

    私としては聞いたことがあるくらいで、あまり詳しいことは知りませんけどね(^^;

    マッキンリーを舞台に繰り広げられる重厚な人間ドラマ



    少しだけ私が気になった(良い意味で)点を挙げさせていただくと、

    物語...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月21日

    笹本稜平の純山岳小説

    マッキンリーでの友の遭難から話が始まる。
    遭難救助や厳冬期単独のバリエーションは読み応えあり。

    自然との共存などいろいろと考えさせられます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月11日

    著者の山岳小説の一つの到達点と、解説に書かれてあるが、言いえて妙と共感する。
    マッキンリーのカシンリッジ冬季単独登攀を試みる主人公が連絡を絶ち、その盟友が捜索活動する様に全編が費やされている。
    山々の描写、登攀の状況、いずれもその場に立ち会わなければ書けないような、そして読者をその場に立たせるかのよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月14日

    山岳小説
    初めて読んだ山岳小説
    スポーツショップで登山のグッズを眺めてしまった
    マッキンリーの写真を検索してみた
    ところどころ記録したくなるような文章、
    表現の仕方は素晴らしかった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月14日

    笹本の山岳作品 期待が高かった反面
    残念な内容
    内面の描写が くどい
    結末 なんだ という 感触

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月12日

    笹本稜平の山岳小説なのだが、『天空の廻廊』、『還るべき場所』に比べるとストーリーが単純で面白味に欠けた。しかし、ほぼ山が舞台の本格的な山岳小説であり、登山を愛する人ならば、きっと楽しめる作品なのかも知れない。

    厳冬季のマッキンリーで消息を絶った津田悟を捜索すべく親友の吉沢を始めとする捜索隊が、マッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています