愛すべき『蟲』と迷宮での日常

愛すべき『蟲』と迷宮での日常

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

自称紳士で、凄腕蟲使いのレイアは、地下迷宮「モロド樹海」でギルドの依頼をこなすランクBの冒険者だった。ぱっと見はアルビノ体質のイケメンなレイアだが、その本性は他人よりも自らの操る蟲の方を大事にする外道。怒らせると命がない男として、周囲からは恐れられていた。そんなレイアは、あるとき、迷宮に潜った貴族の娘の救出を依頼される。ここでも外道のレイアは、依頼料を搾り取れるだけ搾り取ってから、迷宮に入っていくのだった――

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
アルファポリス
掲載誌・レーベル
アルファポリス
ページ数
296ページ
電子版発売日
2016年11月11日
紙の本の発売
2016年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

愛すべき『蟲』と迷宮での日常 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ購入済み

    ゲテモノは美味しいという

    あうら 2017年09月24日

    タイトル通り蟲を使徒しているわけですので表現はかなり際どいものを感じると共に作者の蟲に対する愛情に近いものを感じます。
    ゆえに!万人向きとは言いがたいかもしれませんが、ゲテモノは美味しいと聞きますよね?そういう意味合いではストーリーは俄然面白いです。文章も読み易いし、バランスが良いと言えばいいので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年10月22日

    凄腕のランクB冒険者のレイアはアルビノ体質で、世界でただ一人の『蟲』の魔法の使い手。
    本人はナチュラルに紳士のつもりが、周囲からは鬼畜外道と恐れられる、その迷宮での日常。
    真面目にあさっての考えで外道な行いに走るレイアがとっても楽しめます。
    ネット連載と大筋で違いは無いようですが、イラストだとゴリフ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

愛すべき『蟲』と迷宮での日常 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 愛すべき『蟲』と迷宮での日常
    自称紳士で、凄腕蟲使いのレイアは、地下迷宮「モロド樹海」でギルドの依頼をこなすランクBの冒険者だった。ぱっと見はアルビノ体質のイケメンなレイアだが、その本性は他人よりも自らの操る蟲の方を大事にする外道。怒らせると命がない男として、周囲からは恐れられていた。そんなレイアは、あるとき、迷宮に潜った貴族の娘の救出を依頼される。ここでも外道のレイアは、依頼料を搾り取れるだけ搾り取ってから、迷宮に入っていくのだった――
  • 愛すべき『蟲』と迷宮での日常2
    ネットで大人気のダンジョン冒険ファンタジー、待望の第二弾! 容姿端麗で、世界で唯一の『蟲』魔法の使い手であるレイア。実力派冒険者であり、大貴族でもある彼だが、巨大な欠点が一つ。極悪非道な性格なのだ。レイアがどうしてそのようになったのか。その秘密は、数々の出会いにあった。元日本人の巨大な蟻のモンスター、根性悪の底辺冒険者、ドスケベ皇帝陛下、そして最強の『闇』魔法使い。規格外の彼らによって、レイアの魔法の腕は磨かれ、性格は外道へと変わっていったのだ――
  • 愛すべき『蟲』と迷宮での日常3
    凄腕『蟲』使いのレイアは、大貴族となった今も、冒険者として迷宮に潜る日々を楽しんでいる。だが、そんな彼の命を狙う人間が存在した。それは、私服を肥やすレイアの元上官の騎士や、国を乗っ取ろうとするギルドの幹部たち。彼らの身勝手な野望の達成には、レイアが邪魔だったのだ。そのため、罠や奇襲など様々な手を仕掛ける。しかし、蟲の魔法は彼らの想像を超えて強かった。拷問、洗脳、力押しと、レイアはあらゆる手段を用いて、悪党どもを返り討ちにしていく――
  • 愛すべき『蟲』と迷宮での日常4
    ダンジョン冒険ファンタジー、待望の第四弾! 凄腕『蟲』使いのレイアのもとには、様々な依頼が持ち込まれる。冒険者養成機関の臨時講師、ギルドのクソ生意気な新人職員への研修、そして小国の乗っ取りを企む謎の美人エルフの調査など。もちろん、レイアはそれらの依頼を誠実にこなしていく。だが同時に、余計な犠牲者も大量に発生させてしまう。トラウマを植えつけられた者、身ぐるみをはがされた者、行方不明になった者……。そのほとんどが、レイアの歪んだ価値観と間違った正義感によるものなのだが、本人は心底善行のつもりなので矯正は不可能。よって、レイアの暴走は永遠に止まらない――

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています