ダーウィンの警告 上

ダーウィンの警告 上

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

我々は、ここに来るべきではなかった……
──チャールズ・ダーウィン
南極大陸から〈第六の絶滅〉が、今、始まる……
全世界で日本でベストセラー! シリーズ最新作!

第一の絶滅──4億4400万年前、全生物の85%が絶滅。
第二の絶滅──3億6700万年前、海洋生物の70%が絶滅。
第三の絶滅──2億4500万年前、陸海で全生物の90%が絶滅。
第四の絶滅──2億年前、全生物の80%が絶滅。
第五の絶滅──6500万年前、恐竜が絶滅。
哺乳類の時代が幕開けした。そして、現在──
人類に第六の絶滅が迫っている……

〈あらすじ〉カリフォルニア州の軍事研究施設から、爆発とともに謎の物質が流出した。その研究所から発信された最後のメッセージは、〈殺して……私たちを全員、殺して〉。現地に赴いたシグマフォースのペインター・クロウ司令官は、山間部を死の世界に変えながら拡散する物質の封じ込め作戦の指揮を執るが、正体不明の物質への対処法が見つからない。一方、研究施設で行なわれていた実験内容を探っていたグレイ・ピアース隊長は、施設の爆発後に行方不明となったケンドール・ヘス所長の知り合いのアレックス・ハリントン教授から要請を受け、南極大陸に飛ぶ。しかし、現地ではグレイたちの調査を妨げる勢力が待ち構えていた。カリフォルニア州での災厄と氷の大陸での攻撃を、裏で画策しているのはいったい何者なのか?

◆歴史的事実に関して──複数存在する〈南極大陸〉の地図
本書の中には、氷で覆われていない南極大陸を描いたものと思われる古代の地図が何枚も登場する。これらは実在する地図で、何世紀も前に作成されたものであるが、こうした地図に関する議論は今なお続いている。一つはっきりとわかっているのは、古代の人々は我々が考えているよりもはるかに以前から、世界各地の大洋を航海していたということである。人類の航海年表は毎年のように歴史をさかのぼり続けている。古代の知識の宝庫であった有名なアレクサンドリア図書館の破壊とともに、どれほどの量の真実が灰燼に帰してしまったのかは知る由もない。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
竹書房文庫
シリーズ
シグマフォースシリーズ
電子版発売日
2016年10月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

ダーウィンの警告 上 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年11月24日

    "アメリカ、ブラジル、南極を舞台に謎の生き物(微生物?ウィルス?)による汚染拡大を阻止すべくシグマフォースのメンバーが地球狭しと活躍する。
    今回は進化論を体系的に構築したチャールズ・ダーウィンも登場。
    謎の微生物に感染してしまった仲間を救えるのか?
    続きの下巻を読み始める。"

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月05日

    南極大陸 氷の下の世界 生態系の不思議
    遺伝子を操作して新しい生物を作る⁈ 地球環境が激変しても生き残れる生き物‥‥ いったいそれは??

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月06日

    久しぶりにジェームズロリンズを一気読み。懐かしいストーリー展開。果たして、人工ウィルスはくいとめられるのか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月18日

    読書録「ダーウィンの警告(上)」3

    著者 ジェームズ・ロリンズ
    訳 桑田健
    出版 竹書房文庫

    p36より引用
    “「モノ湖も例外ではありません。塩化物、
    硫酸、ヒ素を含む水は生命の維持に適さない
    ように思われますが、実際には豊かで複雑な
    生態系が存在しています。私たちは保護活動
    を通じて、そんな生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月22日

    シグマフォースシリーズ10作目。今回は南極での未知の病原体?相変わらすテンポ良く読みやすい。下巻に期待。

    このレビューは参考になりましたか?

ダーウィンの警告 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ダーウィンの警告 上
    770円(税込)
    我々は、ここに来るべきではなかった…… ──チャールズ・ダーウィン 南極大陸から〈第六の絶滅〉が、今、始まる…… 全世界で日本でベストセラー! シリーズ最新作! 第一の絶滅──4億4400万年前、全生物の85%が絶滅。 第二の絶滅──3億6700万年前、海洋生物の70%が絶滅。 第三の絶滅──2億4500万年前、陸海で全生物の90%が絶滅。 第四の絶滅──2億年前、全生物の80%が絶滅。 第五の絶滅──6500万年前、恐竜が絶滅。 哺乳類の時代が幕開けした。そして、現在── 人類に第六の絶滅が迫っている…… 〈あらすじ〉カリフォルニア州の軍事研究施設から、爆発とともに謎の物質が流出した。その研究所から発信された最後のメッセージは、〈殺して……私たちを全員、殺して〉。現地に赴いたシグマフォースのペインター・クロウ司令官は、山間部を死の世界に変えながら拡散する物質の封じ込め作戦の指揮を執るが、正体不明の物質への対処法が見つからない。一方、研究施設で行なわれていた実験内容を探っていたグレイ・ピアース隊長は、施設の爆発後に行方不明となったケンドール・ヘス所長の知り合いのアレックス・ハリントン教授から要請を受け、南極大陸に飛ぶ。しかし、現地ではグレイたちの調査を妨げる勢力が待ち構えていた。カリフォルニア州での災厄と氷の大陸での攻撃を、裏で画策しているのはいったい何者なのか? ◆歴史的事実に関して──複数存在する〈南極大陸〉の地図 本書の中には、氷で覆われていない南極大陸を描いたものと思われる古代の地図が何枚も登場する。これらは実在する地図で、何世紀も前に作成されたものであるが、こうした地図に関する議論は今なお続いている。一つはっきりとわかっているのは、古代の人々は我々が考えているよりもはるかに以前から、世界各地の大洋を航海していたということである。人類の航海年表は毎年のように歴史をさかのぼり続けている。古代の知識の宝庫であった有名なアレクサンドリア図書館の破壊とともに、どれほどの量の真実が灰燼に帰してしまったのかは知る由もない。
  • ダーウィンの警告 下
    770円(税込)
    絶滅が規則であって、生存は例外である。 ──カール・セーガン 人類は──〈XNA遺伝子〉を持つ新生物に滅ぼされる…… 今一番面白い海外小説! シリーズ最新作! ダーウィンが進化論の発表を遅らせてまで、夢中になった発見とは何か? 南極大陸の謎の古地図が示す“真の姿”、アメリカによる核実験やナチと氷の大陸との関係 最新の遺伝子工学、ゲノム編集技術、合成生物学、Xの名を持つ異生物── 人類が生き残る道とは…… 〈あらすじ〉ハリントン教授との接触に成功したグレイたちだったが、敵の攻撃部隊と南極大陸の「影の生物圏」との間で苦戦を強いられる。一方、ヘスを拉致した人物の正体を突き止めたペインターたちは、ブラジルの熱帯雨林を捜索する。その人物――環境保護論者カッター・エルウェスは、ジャングルの奥地で禁断の遺伝子実験を行なっていた。南極および南米のジャングルから未知の生物が解き放たれれば、地球環境に甚大な影響が及び、「六番目の大絶滅」を加速させかねない。その頃、カリフォルニアでは災厄の拡散を阻止するため、米軍による強行作戦の実施が間近に迫っていた。グレイとペインターの決死の努力は間に合うのか? すでに人類は、絶滅への道のりを後戻りのできない地点まで進んでしまっているのだろうか? ◆科学的事実に関して――XNA(ゼノ核酸)[Xeno nucleic acid、XNA] XNAとは、情報貯蔵生体高分子として、DNA、RNAの代替となる合成物質。複数の研究所によって、少なくとも6つのタイプの合成糖が、遺伝情報の貯蔵・読出しが可能な核酸骨格を形成しうることが示されている。XNAはより耐性があると証明されているほか、理論上はすべての生物のDNAと置き換えることが可能である。また、かつて地球上の生物ではXNAの方が優位を占めていたと信じられている。そうした生命の生き残りが今もどこかで、影の生物圏という形で人知れず存在しているのであろうか? 答えはいずれわかるはずである。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています