アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 1

アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 1

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。「どうしたら、色気って身につくのかな?」同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい……。“愛のあるSM”が話題となったあの人気小説が遂にコミック化!

カテゴリ
TL
ジャンル
TLマンガ
出版社
any
掲載誌・レーベル
シュガー&ビター
電子版発売日
2016年10月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

新刊オート購入

アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 1 のユーザーレビュー

    購入済み

    すごっ

    Syn 2020年01月15日

    いきなりS宣言してからの縛ってするのはなかなかビックリ。絵もストーリーも読みやすくて続きが気になってしょうがないです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ゾクゾクします

    りん 2020年05月24日

    全巻買いました。この巻では、まだえろはありませんが、これから始まるストーリーが書かれています。男性のスイッチが入る顔が好きです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    せりな 2020年12月08日

    これからどうなっていくのか、展開が楽しみです。。
    彼はヒロインに初めから気があるのか、、まだわかりません。。

    このレビューは参考になりましたか?

アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 のシリーズ作品 1~14巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~14件目 / 14件
  • アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 1
    「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。「どうしたら、色気って身につくのかな?」同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい…...
  • アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 2
    「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。「どうしたら、色気って身につくのかな?」同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい…...
  • アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 3
    「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。「どうしたら、色気って身につくのかな?」同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい…...
  • アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 4
    「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。「どうしたら、色気って身につくのかな?」同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい…...
  • アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 5
    「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。“どうしたら、色気って身につくのかな?同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい……。...
  • アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 6
    「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。“どうしたら、色気って身につくのかな?同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい……。...
  • アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 7
    「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。「どうしたら、色気って身につくのかな?」同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい…...
  • アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 8
    「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。“どうしたら、色気って身につくのかな?同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい……。...
  • アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 9
    「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。“どうしたら、色気って身につくのかな?同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい……。...
  • アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 10
    「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。“どうしたら、色気って身につくのかな?同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい……。...
  • アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 11
    「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。「どうしたら、色気って身につくのかな?」同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい…...
  • アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 12
    「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。「どうしたら、色気って身につくのかな?」同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい…...
  • アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 13
    「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。“どうしたら、色気って身につくのかな?同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい……。...
  • アブノーマル・スイッチ―誘惑の誤算 14
    「俺ね、実はSなんだ。女の子を虐めるのが好き。困ったり、恥ずかしがるのを見るのも好き。俺のスイッチに触れちゃったね」と彼はいつもとは違う顔で微笑んだ。恋人に振られたOLの芽衣。“どうしたら、色気って身につくのかな?”同僚の藤澤に尋ねると返ってきた答え。始まった2人の秘密の関係。抗いつつも、徐々に飼い慣らされていく芽衣の体には、いつの間にか藤澤の声に反応するスイッチができてしまい……...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています