小林賢太郎戯曲集 椿 鯨 雀
  • 値引き

小林賢太郎戯曲集 椿 鯨 雀

作者名 :
値引き価格 389円 (354円+税) 4月22日まで
通常価格 556円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

アメリカにある日本語学校。先生は間違えた発音を教える。生徒は間違えた発音のまま復唱(「日本語学校アメリカン」)。時間をつかさどる“お時間様”。自分の失敗を帳消しにしたい男と、お時間様の秘書のやりとり(「お時間様」)。一度ハマると抜けられない芸術的で幻惑的な「ラーメンズ」の世界。どこにもない「笑い」を追求するラーメンズ第二戯曲集。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / アニメ・芸能・ゲーム攻略本
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2016年09月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
34MB

小林賢太郎戯曲集 椿 鯨 雀 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年11月29日

    私はこの人が大好きですw

    戯曲を先に読むもよし。
    映像を先に見るもよし。
    あえて読まないもよし。

    ただ、映像と言葉がセットになったときの爆発的な威力はすごい。
    ラーメンズ好きにはたまりませんw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月09日

    ラーメンズ漢字三部作の戯曲集。彼らの公演はどれも大好きだけど、その中でも『鯨』は最も大好きな公演の1つです。あの舞台を包む透明感は海のそれとしか思えない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月11日

    ラーメンズ第8・9・10回公園の戯曲集です。ラーファンにとってはバイブル!
    一度ハマると抜け出けだせない芸術的知能犯、ラーメンズの世界。
    日本でトップの実力を持ち、誰にも真似できない「笑い」を生み出してくれる彼らをいつまでも見つめていたい…
    そんなあなたにこの一冊。
    頭の中でコントを再生しながら読み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    読んでいて声を出して笑ってしまうこともあるほど面白かったです。
    これを読んだ後にコントとして見たくなってしまうような内容でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    好き→

    「椿」
    時間電話
    ドラマチックカウント

    「鯨」
    絵かき歌
    器用で不器用な男と不器用で器用な男の話

    「雀」
    プレオープン
    ネイノーさん
    男女の気持ち

    アドリブの無さと脚本の秀逸っぷりに驚いた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ラーメンズ第二戯曲集。
    お気に入りは「ネイノーさん」と「日本語学校アメリカン」。(もちろん、全部好きですが)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    今回は写真も少し載ってる。
    相変わらず面白い。
    舞台を見ていなくても、見た気になってしまうネタもあり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月11日

    大好きなラーメンズの脚本なんて、ジャケ買いするしかない。

    でもね、これを私流で声に出して読んでみようなんて無理。読むだけで脳内再生されちゃうんだもん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月28日

    活字でも面白いってすごいことだ。器用で不器用な男と不器用で器用な男の話と、ネイノーさんがお気に入り。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月27日

    活字になっても、ラーメンズはやっぱり面白い!

    個人的に好きなのは、日本語学校とアカミー賞だ。それと、ネイノーさんがちょっとかわいい。
    エンカウントは、舞台で観てみたかったなあ...

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています