上島さんの思い出晩ごはん

上島さんの思い出晩ごはん

作者名 :
通常価格 561円 (510円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

食べることは明日を生きること。
自宅と職場を行き来するだけの毎日――孤独なアラサーOL・民子の楽しみは美味しい夕食を食べること。コロッケパン、麻婆豆腐、焼きそば等の簡単手料理には元彼・上島さんとの思い出が詰まっていた。突然の事故で彼を喪ってから一年。その一品一品が民子の悲しみを癒していく。少しずつ明らかになる上島さんの知られざる一面、秘めた想いとは? 美味しい食事は思い出と共にある! 読んで作って食べたくなる、感動のグルメ恋愛小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
TOブックス
掲載誌・レーベル
TO文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年08月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

上島さんの思い出晩ごはん のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年08月16日

    悲しい人が空腹だともっと悲しくなる。
    なるほど、確かにそうだ。
    毎日美味しいご飯を食べて、隣で泣いてる人がいたら、無言でおかずを一品差し出せるような、そんな人間でいなくちゃな。
    上島さんは優しくておバカさんで、でもだいすきな人を幸せにできる、でっかい男だったんだなぁ。
    みんなに幸せになってほしい一冊...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月07日

    ごはんには、思い出が詰まっている。
    亡くなった恋人の素性は何も知らなかったけれど、食べ物の好みはよく知っている。そんな元彼(上島さん)の謎が、少しずつ明らかになっていくので、読み進めるたびにドキドキする。
    美味しそうなごはんの描写と、物哀しい雰囲気が絶妙で、癖になる。いつまでも過去を引きずっている主...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月18日

    一つ一つのご飯の思い出が美味しそうで、でもちょっと切なくて。
    上島さんに対しては静香と同じ立場で見てしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月19日

    美味しいものを食べるのが趣味の主人公。
    食べるたびに思い出すのは、元彼氏。

    主人公と元彼氏と友人の女性、が出てくるだけで
    その他はほぼ出てきません。
    食べ物を作ったり、食べたり、なので
    1話1話は短いです。

    読んでいて見えてくる、元彼氏の姿。
    何だか楽しそうな元彼氏だな、という感じです。
    そして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月23日

    食べ物を軸に思い出が語られていく展開。民子と上島さんのほのぼのした関係、そして彼が亡くなって2年経つというのに変わらず思い続ける彼女が心配でもあり羨ましくもあるエピソードに微笑ましく読み進めた。静香という真逆の性格の親友、彼女の存在は支えになっているに違いない。ラストは乗り越えて明るい未来に向けて出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

TO文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

上島さんの思い出晩ごはん に関連する特集・キャンペーン