狂い鳴くのは僕の番(1)

狂い鳴くのは僕の番(1)

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

差別されるはずの存在がエリートキャリアとして君臨…!? 腹黒部下×ビッチ上司のリーマン・オメガバース! 一流企業に転職したサラリーマン・高羽。新天地で胸を高鳴らせる彼だったが、ひょんなことから直属の上司・烏丸のヒミツを知ってしまう。烏丸のヒミツ――特異体質により人を惑わし、劣情を煽ること。そして体質とカラダを利用し、大企業のキャリアの地位に納まっていたのだった。今宵も股を開き、サカった種馬たちを受け入れる烏丸の姿に、嫌悪感を覚えた高羽は…!?  ※【無料BLマガジン】アメイロに掲載されています

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
アメイロ
掲載誌・レーベル
アメイロ
電子版発売日
2016年08月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
17MB

新刊オート購入

狂い鳴くのは僕の番(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    オススメです!

    sora 2019年11月24日

    一話読むたびに,どうか早く幸せになって…と思っていました。
    付き合ってからの2人のラブラブシーンにとてもほっこりします!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    すごいかも

    ぞうさん 2019年11月23日

    楔さんを初めて知った作品です。絵が綺麗で、エロさにすごいなぁと思いました。烏丸の営業方法に驚き、痛々しくもあり、でもカッコいい。高羽がんばれ👍

    このレビューは参考になりましたか?

狂い鳴くのは僕の番 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 狂い鳴くのは僕の番(1)
    差別されるはずの存在がエリートキャリアとして君臨…!? 腹黒部下×ビッチ上司のリーマン・オメガバース! 一流企業に転職したサラリーマン・高羽。新天地で胸を高鳴らせる彼だったが、ひょんなことから直属の上司・烏丸のヒミツを知ってしまう。烏丸のヒミツ――特異体質により人を惑わし、劣情を煽ること。そして体質とカラダを利用し、大企業のキャリアの地位に納まっていたのだった。今宵も股を開き、サ...
  • 狂い鳴くのは僕の番(2)
    差別されるはずの存在がエリートキャリアとして君臨…!? 腹黒部下×ビッチ上司のリーマン・オメガバース! 一流企業に転職したサラリーマン・高羽。新天地で胸を高鳴らせる彼だったが、ひょんなことから直属の上司・烏丸のヒミツを知ってしまう。烏丸のヒミツ――特異体質により人を惑わし、劣情を煽ること。そして体質とカラダを利用し、大企業のキャリアの地位に納まっていたのだった。今宵も股を開き、サ...
  • 狂い鳴くのは僕の番(3)
    差別されるはずの存在がエリートキャリアとして君臨…!? 腹黒部下×ビッチ上司のリーマン・オメガバース! 一流企業に転職したサラリーマン・高羽。新天地で胸を高鳴らせる彼だったが、ひょんなことから直属の上司・烏丸のヒミツを知ってしまう。烏丸のヒミツ――特異体質により人を惑わし、劣情を煽ること。そして体質とカラダを利用し、大企業のキャリアの地位に納まっていたのだった。今宵も股を開き、サ...
  • 狂い鳴くのは僕の番(4)
    差別されるはずの存在がエリートキャリアとして君臨…!? 腹黒部下×ビッチ上司のリーマン・オメガバース! 一流企業に転職したサラリーマン・高羽。新天地で胸を高鳴らせる彼だったが、ひょんなことから直属の上司・烏丸のヒミツを知ってしまう。烏丸のヒミツ――特異体質により人を惑わし、劣情を煽ること。そして体質とカラダを利用し、大企業のキャリアの地位に納まっていたのだった。今宵も股を開き、サ...
  • 狂い鳴くのは僕の番(5)
    差別されるはずの存在がエリートキャリアとして君臨…!? 腹黒部下×ビッチ上司のリーマン・オメガバース! 一流企業に転職したサラリーマン・高羽。新天地で胸を高鳴らせる彼だったが、ひょんなことから直属の上司・烏丸のヒミツを知ってしまう。烏丸のヒミツ――特異体質により人を惑わし、劣情を煽ること。そして体質とカラダを利用し、大企業のキャリアの地位に納まっていたのだった。 今宵も股を開き、サ...
  • 狂い鳴くのは僕の番(6)
    差別されるはずの存在がエリートキャリアとして君臨…!? 腹黒部下×ビッチ上司のリーマン・オメガバース! 一流企業に転職したサラリーマン・高羽。新天地で胸を高鳴らせる彼だったが、ひょんなことから直属の上司・烏丸のヒミツを知ってしまう。烏丸のヒミツ――特異体質により人を惑わし、劣情を煽ること。そして体質とカラダを利用し、大企業のキャリアの地位に納まっていたのだった。 今宵も股を開き、サ...
  • 狂い鳴くのは僕の番(7)番外編
    ついに番となった二人だったが、社員旅行で泊まった温泉宿で無防備な高羽に、ヤキモチを焼く烏丸。烏丸の意外な態度に驚きつつも、可愛い言動につい激しく行為に耽ってしまう。だが、運悪く先輩である鵜藤に見咎められた高羽は「話がある」と温泉へ連れ出される…そこで語られた烏丸と鵜藤の過去とは?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています