うつかな?と思ったら男性更年期を疑いなさい ―テストステロンを高めて「できる人」になる!

うつかな?と思ったら男性更年期を疑いなさい ―テストステロンを高めて「できる人」になる!

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

40代以上必読! 
女性以上に深刻な「男の更年期障害」への対処法

最近「やる気が出ない」「何もかもおっくうだ」というあなた、31ページの質問に答えてみてください。
50点以上なら、要注意です。医療機関で、男性ホルモン「テストステロン」の値を測定してもらいましょう……。

テストステロンの減少がもたらす更年期障害への対処法をわかりやすく解説。
心身の健康のみならず仕事力をも左右するテストステロンを増やすためのライフスタイルも指南する。

「ドクター堀江のテストステロンを高めるための10か条」付き

◆本書から
●男性ホルモン「テストステロン」が減ると、元気がなくなって気分が落ち込んだり、イライラしたり、不眠になったりする。
●うつ患者の7割以上がテストステロン不足であり、抗うつ剤でかえって悪化させているケースもある。
●男性的魅力にあふれ、女性にモテる男性は、一般にテストステロン値が高い。
●同性からも人気があり、人望がある男性は、慨してテストステロン値が高い。
●リーダーシップのある男性、仕事ができる男性は、テストステロン値が高い
●テストステロン値は血液検査で簡単にわかり、補充療法などで劇的に回復できる。
●アメリカでは年間170万人がテストステロン補充療法を受けているが、日本では2万人にすぎない。
●頻尿や尿もれ、EDも、テストステロン値を上げることで改善することが多い。
●ライフスタイルの改善でテストステロンを増やすこともできる。
……

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
192ページ
電子版発売日
2016年07月15日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

うつかな?と思ったら男性更年期を疑いなさい ―テストステロンを高めて「できる人」になる! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年03月06日

    最近どうも調子が悪く、特に集中力に関して、
    かなり自分でも自覚できるほど「おかしい」という状況でした。
    キンドルで、たまたま見つけた本ですが、自分の症状にあてはまることが多く、
    加齢や生活習慣による男性ホルモン(テストステロン)の減少かなと思いました。
    特にテストステロンを上げるのに役立つ、漢方薬の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月04日

    男性とて中高年期に心身がおかしくなってきたらホルモンバランスを疑う必要がある。そのことはよくわかったのだけど、この本から得られた気づきはそれだけじゃない。

    テストステロンは他者に認められると上がる。
    いわゆる「鼻の下を伸ばす」状態でも、自分の存在意義が社会的に認められたときにもテストステロンは高ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月27日

    接して漏らさず、との言葉が1番刺さった。交わっている間は副交感神経が優位で、射精した瞬間、交感神経が優位になり、活性酸素が大量に出るとのこと。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています