代替エネルギーなら、リスクはないのか? 原発立地自治体の経済構造を、どう考えるべきか? 「再稼働か脱原発か」の対立で、両者が見落としているものは何か?――3・11後、『私たちはこうして「原発大国」を選んだ』等で、その独自の分析で高い評価を得た著者が、イデオロギーに偏らない視座で、原発論議の本質を捉え直す。水野倫之氏(NHK)、鈴木達治郎氏(原子力委員会)との座談会、高橋真理子氏(朝日新聞)との対談も収載。オリジナル「電子版あとがき」付き。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書ラクレ
ページ数
296ページ
電子版発売日
2016年07月08日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

原発論議はなぜ不毛なのか

Posted by ブクログ 2013年07月30日

福島第一原発の事故が起こった時、原発論争の渦中にあった著者の、その渦をまとめたような本。
著者は事故以前に『「核」論』という、スイシン派、反対派の各々の書くの論争について本を出しており、
事故直後は、推進派でも反対派でもなく、中立的な立場を取ったからこそ両者から批判を浴びたと言う。
「脱原発」をただ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

原発論議はなぜ不毛なのか

Posted by ブクログ 2014年02月07日

タイトル通り思うことがあったので
手に取ってみました。
これを読んで賛否両論あるかもしれませんが
1つの物事を是か非かと議論する時に大事にしなくちゃいけない事
「好き嫌い」にだけ囚われてはいけない
相手の論をひたすらつぶすことだけに終始してはいけない
という事を肝に銘じる一冊だと思いました。

そう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

原発論議はなぜ不毛なのか

Posted by ブクログ 2013年08月04日

原発を無くせと無責任に言うのは簡単。だけど、具体的にどうしていくかの筋道をたてられない人は一度読んでみるべき本。
個人的にはもう少し具体的事例や数値に基づいて書かれていると期待していたが、おおざっぱに現状を掴みたいだけなら、原発問題の導入本としてはいい本だと思う。
見解が異なる部分も若干あるが、概ね...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

原発論議はなぜ不毛なのか

Posted by ブクログ 2013年08月01日

ナショナルメディアの必要性は納得できないけれど、相互理解性への信頼と自分の役周りへの感覚もちょっと引くけれど、この世代の人が、真摯につづっていることは好感した。

このレビューは参考になりましたか?

原発論議はなぜ不毛なのか

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年06月28日

著者に対する批判的見解が多見されるものの、手に取ると、わりと面白かった。著者自身の立場は横に置くとしても、著者自身が原発の問題を社会思想史の文脈で捉え直そうとすることに、これは必要なアプローチではないかと思われる。

このレビューは参考になりましたか?

原発論議はなぜ不毛なのか

Posted by ブクログ 2013年06月15日

言わんとすることはわからなくもないのですが、核心に届ききっていないように思いました。僕には、筆者が、「大きなジャーナリズム」「オトコのジャーナリズム」の「正しさ」を(まだ)信じているように見えて、それがこの本(と前著の「原発報道とメディア」)の限界を作っているような気がします。あと、ベンキョウが勝っ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?