世界しあわせ紀行

世界しあわせ紀行

作者名 :
通常価格 1,089円 (990円+税)
紙の本 [参考] 1,210円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

不幸な国ばかり取材してきたアメリカ人ジャーナリストが、人々が最も幸せに暮らす国を探して旅に出た。訪れるのは、国民の幸福度が高いスイスとアイスランド、逆に低いモルドバ、富裕国カタール、国民総幸福量を国是とするブータン、多くの西洋人を魅了するインドなど10カ国。各地で出会った人々や風習、哲学をユーモラスに紹介しながら、幸せになるために必要なものとは何かを探る。草薙龍瞬×たかのてるこ特別対談収録。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫NF
ページ数
544ページ
電子版発売日
2016年06月15日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2016年07月28日

     ごつい本。幸福という観点を10か国での視点で記していて、その比較が面白い。
     日本人が同じ国を回り、記述すると、まるで別の本になる気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月27日

    思わず笑ってしまった。
    ブラックジョークがツボにはまったw
    読んでて、旅に行きたくなってしまう一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月02日

    幸せとは何かをめぐって10か国。著者が決して幸せな人間ではない(といっては失礼だが、どこかネガティブな気質なのである)のも面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月05日

    ひとつひとつの章は文化比較ルポとしては面白いものの、結局どうなの!!というものの結論が出ないまま次の国に行ってしまって、まとまりに欠ける印象。もう少しで強烈なオモシロ本になりそうなのに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月19日

    著者は自らを不幸と称するジャーナリスト。オランダ、スイス、タイ、イギリス、インド、アメリカに加え日本人にはなじみの薄いブータン、アイスランド、カタール、モルドバといった国を訪れ、その国に住む人が幸せかどうか調査する。その国の歴史や文化を考察したり、幸福及び幸福学における引用文が多く説得力があった。で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月19日

    ブラックジョークは確かに面白い、取材対象との距離の取り方も参考になる。

    でも、なんかまとまりがない感じが否めない。結論を出さないのも一つの書き方だろうが。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています