兎が二匹 1巻
  • 完結

兎が二匹 1巻

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

外見は20代の女性ながら、398年も生き続けている不老不死のすず。彼女の日課は、同居している19歳の青年・サクに自殺を手伝わせること。サクは死んだはずのすずが目を覚ますたびに、すずと一緒に生きていきたいと懇願するが、辛い記憶を背負った彼女は、ある日確実に死ぬ方法を思いつく―――。注目の新鋭作家が綴る、死にたくなるほどすれ違い想い続ける永遠の愛の物語。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
月刊コミックバンチ
電子版発売日
2016年05月09日
紙の本の発売
2016年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
65MB

関連タグ:

兎が二匹 1巻 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年04月08日

    別の漫画に付いてたお試し版を読んで興味が湧き、買いました。

    分かりにくかったですが、2話以降は回想だったんですね。最後まで読んで気づきました。てっきり、生まれ変わり続けて永遠に添い遂げて生きていくのかと思いましたが違いました。改めて読み返してみたらとても切なかったです。

    早く続きを読もうと思いま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月25日

    泣ける。

    朔太朗のけなげさがやばい。
    すずちゃんに感情移入しづらいのだけがちょっと残念だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月22日

    不老不死で死にたくても死ねない女と寄り添う少年の純愛。過去の場面が楽しく幸せであればあるほど哀しくて胸が締め付けられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月13日

    不老不死のすずと、ネグレクトな過程で育ったサク。二人は出会い、サクの父親が別れた妻との子供は育てられないと身勝手な理由をのたまう事で、一緒に暮らす事になる。不老不死の為に成長しないスズ。子供から少年へ、青年へ、スズへの恋心を抱きつつ大きくなるサク。すずは、大昔の記憶を思い出すたびに自傷行為と同じ自殺...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年03月12日

    クライマックスを最初にもってきて、時間を遡って読ませる構成。不老不死(不死身)で死にたがりの彼女と、何度も自殺ほう助させられるヘタレ彼氏。…という最初は奇抜過ぎてウーンと思ってたんだけど、死に別れてしまうシーンから遡って出逢い編以降はとても切なくて悲しくて…。幸せの日々がいつか壊れるのがわかるからな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年06月25日

    2巻まで一気読み。ショッキングな内容から始まるだけに、どう足掻いても救いがないのかなぁと思いながらページをめくるのが辛い。でもサクの明るさと、人を惹きつける魅力に光が見えてくる。

    このレビューは参考になりましたか?

兎が二匹 のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 兎が二匹 1巻
    完結
    594円(税込)
    外見は20代の女性ながら、398年も生き続けている不老不死のすず。彼女の日課は、同居している19歳の青年・サクに自殺を手伝わせること。サクは死んだはずのすずが目を覚ますたびに、すずと一緒に生きていきたいと懇願するが、辛い記憶を背負った彼女は、ある日確実に死ぬ方法を思いつく―――。注目の新鋭作家が綴る、死にたくなるほどすれ違い想い続ける永遠の愛の物語。
  • 兎が二匹 2巻(完)
    完結
    594円(税込)
    自殺を繰り返す不老不死の女性・すず。彼女と生きていくことを望む恋人のサクは、ある旅行の計画を立てる。だが選んだ先はすずを死に駆り立てる強烈な記憶が刻まれた地だった。二人の気持ちは行き違いを生み、遂にすずは確実に死ぬ方法を実行する。残されたサクと死んだはずのすずは…。二人の絶望と愛の軌跡のその先を、新鋭作家が極限まで描いた名作! ページをめくるほどに激しく込み上げる、終われない...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています