貨幣の「新」世界史 ハンムラビ法典からビットコインまで

貨幣の「新」世界史 ハンムラビ法典からビットコインまで

作者名 :
通常価格 2,079円 (1,890円+税)
紙の本 [参考] 2,310円 (税込)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

私たちはなぜこれほど「お金」に翻弄されるのか?――2008年の金融危機の渦中でこんな疑問を抱いたウォール街の投資銀行家が、日本を含む25カ国以上を訪れ、脳科学、行動経済学、歴史学、宗教学、古銭学などの専門家に取材を重ね、「お金」の起源とその魔力に迫る。ポール・ヴォルカー、リチャード・ブランソン、ジミー・カーターら名だたる著名人が賛辞を寄せ、《ニューヨーク・タイムズ》、《フィナンシャル・タイムズ》などの主要メディアで絶賛を浴びたベストセラー。序文・ムハマド・ユヌス(グラミン銀行創設者、ノーベル平和賞受賞者)。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
早川書房
ページ数
400ページ
電子版発売日
2016年04月28日
紙の本の発売
2016年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

貨幣の「新」世界史 ハンムラビ法典からビットコインまで のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年06月17日

    こんなに「買う価値のある本」に出会うのは久しぶり。素晴らしく地味な作業の積み重ねと、あらゆる視点からの考察が所狭しと羅列されている。
    お金に関わる方とそうでない方両方にオススメしたい本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月11日

    人類が誕生してから我々は800世代目にあたる。
    火を使って肉食ができるようになって胃袋は小さくなった。食料を保存できるようになった。

    認知バイアス(ヒューリスティック)によって合理的行動仮説は崩される。利用可能性ヒューリスティック、スキルの錯覚、損失回避、貨幣錯覚。

    イギリスからアメリカに渡った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月30日

    オススメできる。この本を通して、1)お金について考えるべき観点を多く得られる、2)歴史を通してお金というものを全体的に見る事ができる。それによって、お金とは一体何なのか、人間にとってそれが何を意味しているのか、深く考えるキッカケになる。今我々が接しているお金の形が全てではなく、絶えず変化している。こ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月03日

    もう1週間経過しましたが、先日行われた英国でのEU脱退を問う国民投票がありました。当日(2016.6.24)オフィスで仕事していましたが、同僚からの中間結果を聞いて、事前情報との相違に驚きました。あっという間に確定情報となり、その前後から為替がものすごい勢いで動き出して、円がドルに対して1日で4円程...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月03日

    数ヶ月前にビットコインが暴落した時に貨幣について興味が湧いたので、読んだ。筆者が貨幣について調べたありとあらゆることが書いてある。
    大変勉強になった気がするが、いかんせん色々な教科書をたくさん抜き書きしてる感じで、いささか退屈なで読み進めるのが辛い時もあった。けど、当初の目的はかなり達成されたので、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています