Dear,MY GOD
  • 完結

Dear,MY GOD

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 715円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「アンタを俺のつがいにするよ」青年(かれ)はただ、教えのままに罪を犯す――。カルト宗教に心酔している若者・リブを救おうと教団に乗り込んだ神父のロースだったが逆に捕われ、監禁されてしまう。「つがいになれば、2人とも救われる」そう盲信したリブは、ロースにドラッグを飲ませ朦朧とする彼をむりやり犯すのであった。教えを一途に信じるリブが不憫になり、ロースは甘んじてその関係を受け入れるが…。カルト信者×聖母系神父。2人の行く末を祈りながら読む、魂の救済BL。●同時収録「はなばなし」拾った鉢植えが人間に…。見覚えのあるその顔は? 不可思議な同棲デイズ。

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
onBLUE
電子版発売日
2016年05月17日
紙の本の発売
2015年12月
サイズ(目安)
72MB

書店員のおすすめ

「アンタを俺のつがいにするよ」青年(かれ)はただ、教えのままに罪を犯す――。カルト宗教に心酔している若者・リブを救おうと教団に乗り込んだ神父のロースだったが逆に捕われ、監禁されてしまう。「つがいになれば、2人とも救われる」そう盲信したリブは、ロースにドラッグを飲ませ朦朧とする彼をむりやり犯すのであった。教えを一途に信じるリブが不憫になり、ロースは甘んじてその関係を受け入れるが…。カルト信者×聖母系神父。2人の行く末を祈りながら読む、魂の救済BL。

カルト宗教の信者・リブと、彼を救おうとする神父・ロース。宗教が絡んだ難しい話を、見事なBLに昇華しています。ダウナー系海外ドラマのような雰囲気に、思わず引き込まれます。独特な絵柄も魅力です。

    Posted by ブクログ 2016年02月01日

    現在なお、BLスランプ中で、ぽんこつに成り果てているんだが、読中・読後、私の心は「読みモノを読んでいる楽しさ」を味わっていた。懐かしいと言ってしまうのは誤解を招くかもしれないが、朝田ねむい作品には思春期に貪るようにJUNEを読んでいた私には「面白さ・興味深さが確約された」作品であるのだ。現在、巷には...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    世界観好きです

    kd 2021年04月21日

    どちらも心温まるお話でした。個人的にはそのあとの花の話が好きです。設定や見せ方も面白いです。読ませるお話でとても良かった…

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    2作品

    匿名希望 2020年11月14日

    神を題材にした2作品が入っています。2作目は完全ファンタジーでした。朝田ねむい先生の作品はいくつか拝読しましたが、リアルな世界の中にありながらどこか夢世界な雰囲気を描く方だと思っていたので、完全ファンタジーも描かれるのは私的には驚いたのですがこれがすごく良かったです。表題作も神父様のイケおじ具合が良...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    心に沁みます

    2020年02月29日

    純愛です。愛を求める人、愛を与える人。純粋で尊い!ハッピーエンドで、何度も読み返してます。もっと続きが読みたいです

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    willow 2019年11月16日

    まず絵がとても好みです
    表題作は割とシリアスな話なのに登場人物の名前が面白い
    もう一つの話はファンタジーな不思議系でこちらも素敵なお話だけど表題作がすごく好みなんで丸々一冊表題作で読みたかったなぁと思いました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月07日

    リブとロースに吹いた
    淡々とすすむ話
    台詞回しがおじょうず
    リブがおこちゃま
    ロースは精神的に脱がないえろす

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    N 2018年12月01日

    表題作もよかったですが、同時収録作品もよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ただのBLではない感じ

    ごんぞう 2019年11月15日

    仄暗い雰囲気が独特で、今まで読んだ事ない世界観の話でした。表題作は宗教?が絡んでいて重そうなのに、登場人物の名前で笑わされるという力技。個人的にははなばなしの方がハマりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月30日

    独特のセンスが光る、注目の作家さんです。
    表題作は、無知で純粋なカルト信者の少年と弱い者を見過ごす事ができない男気ある神父の究極愛。
    カルト集団に洗脳された幸薄い少年を救おうと自分の身を犠牲にする神父の慈愛がラブに変化したのは、一途な少年の気持ちに気付いたから。

    描写力が素晴らしいです。映画の一場...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    独特の世界観

    中毒子 2020年06月05日

    表題作より、同時収録作品の方が好みでした。某レビューサイトで名作評価があったので読んでみましたが、魅力的な世界観で、面白かったです。ただ、何度も読み返したいかというと私は一度でいいかなと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

同じジャンルの本を探す

Dear,MY GOD ページトップヘ