断片的なものの社会学

断片的なものの社会学

作者名 :
通常価格 1,482円 (税込)
紙の本 [参考] 1,684円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

★紀伊國屋じんぶん大賞2016受賞!
------------------------------

一生に一度はこういう本を書いてみたいと感じるような書でした。――星野智幸さん

この本は、奇妙な「外部」に読者を連れていく。
大冒険ではない。奇妙に断片的なシーンの集まりとしての社会。一瞬きらめく違和感。
それらを映画的につないでいく著者の編集技術には、ズルさを感じもする。美しすぎる。 ――千葉雅也さん

これはまず第一に、無類に面白い書物である。(…)
語る人たちに、共感ではなく理解をベースにひたすら寄り添おうとするスタンスは、
著者が本物の「社会学者」であることを端的に伝えている。─―佐々木敦さん(北海道新聞)

読み進めてすぐに、作者の物事と出来事の捉え方に、すっかり魅せられた。――唯川恵さん(読売新聞)

社会は、断片が断片のまま尊重されるほど複雑でうつくしい輝きを放つと
教わった。─―平松洋子さん(東京人)

------------------------
「この本は何も教えてはくれない。
ただ深く豊かに惑うだけだ。
そしてずっと、黙ってそばにいてくれる。
小石や犬のように。
私はこの本を必要としている」――星野智幸さん
------------------------
どんな人でもいろいろな「語り」をその内側に持っていて、その平凡さや普通さ、その「何事もなさ」に触れるだけで、胸をかきむしられるような気持ちになる。
梅田の繁華街ですれちがう厖大な数の人びとが、それぞれに「何事もない、普通の」物語を生きている。

小石も、ブログも、犬の死も、すぐに私の解釈や理解をすり抜けてしまう。それらはただそこにある。[…]
社会学者としては失格かもしれないが、いつかそうした「分析できないもの」ばかりを集めた本を書きたいと思っていた。(本文より)

ジャンル
出版社
朝日出版社
電子版発売日
2016年04月22日
紙の本の発売
2015年06月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年12月30日

すぐそばに存在する、誰かの何気ない日常。特筆すべきものはないけど、何故か惹かれるたわいもない逸話。

社会学者である岸政彦氏だからこそ出逢えた「断片的な」物語や、それについて岸さん自身が感じたことなどがとりとめもなく書かれている。

日陰に佇んで、ともすれば誰の目にも触れられることのなかった物語たち...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月21日

社会学かエッセイかカテゴリ迷いましたが、エッセイに。

素敵な文章も書ける社会学者って、最高だと思います。岸k

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月15日

『私たちは、遠いひとたちに冷酷で、近いひとたちに弱い。』

読めば読むほどわかるような、わからなくなるような感覚がとてもよい。生きるとはそういうもんだと思いながら正解を探したくなったりするもんな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月14日

社会学者のエッセイ。

人生は、断片的なものが集まってできている 
誰にも隠されていないが、誰の目にも触れない 
土偶と植木鉢 
物語の外から 
路上のカーネギーホール
出ていくことと帰ること 
笑いと自由 
手のひらのスイッチ 
他人の手 
ユッカに流れる時間 
夜行バスの電話 
普通であることへ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月09日

社会が寛容でなくなっています。じゃあ、寛容になりましょう、多様性を認めましょう、と、一筋縄ではいかないのが社会。でもそれをあきらめず、やさしい言葉で社会の断片を見せてくれる本だった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play