LAST DIARY

LAST DIARY

作者名 :
通常価格 517円 (470円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

音楽雑誌の編集者・ミカル。仕事に追われる日々のなか、唯一の親友リョウが、この世を去った。最期の願いを託されたミカルは、彼女に代わりブログを更新することになる。リョウの家庭に憧れていた孤独なミカルは、夫と息子に愛された親友をなぞり、葛藤しながらブログ日記を書き始めるが――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2016年03月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

LAST DIARY のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年04月13日

    桜井亜美=濃厚。

    というイメージがあったのですが、最新のこの小説はとっても良かったです。

    仕事ひとすじの女の人が家族のあたたかさ、誰かと一緒にいることのあたたかさ、愛に目覚めてゆくお話。

    リョウのお日様みたいなキャラがうらやましかった。
    こんなひとっているのかな?
    いるんだろうなって思う。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月05日

    早朝ならではの、世界中のすべての音を
    吸収してしまったような静けさ。
    そこに地平線の向こうから
    太陽が顔を覗かせ、空をオレンジと水色の
    グラデーションで彩る。

    世界は動きだし、新たな歴史を
    刻み始める。
    そんな、静から動への移り変わりを、
    繊細なメロディーでひとつひとつ
    紡いでいくような、綺麗な作...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月16日

    少しボリュームが少ないのと、展開が少しよめてしまうのが残念。
    でも、コトバのひとつひとつに誰かと生きることの大切さが表れていて純粋でいい文章だと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月16日

    十代の頃、重ねるように補うように桜井亜美を読んでいた。
    すごく久しぶりに手にしたこの最新刊。
    私と同じように亜美も大人になったんだなーってふと思った。
    性描写が極端に少なくなったこと、家族の話、女の孤独。
    ページ数が少なくて物足りなさを感じたことは事実。
    でも装飾がそぎ落とされた分、今までどこか御伽...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月17日

    タイミングが全て重なった時、恋愛が起こる?!

    読み終わったあと、本当に ヤサシイ気持ちになります☆*

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています