ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争(上)

ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争(上)

作者名 :
通常価格 1,119円 (1,018円+税)
紙の本 [参考] 1,173円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

十年の歳月をかけて取材執筆、ハルバースタム最後の作品

1950年、北朝鮮軍の南進により勃発した朝鮮戦争。反共の名の下に、参戦を決定したアメリカだったが、それは過酷極まりない戦争への突入だった。スターリン、金日成、トルーマン、マッカーサー、毛沢東―時の指導者たちが抱いた野望と誤算、彼らに翻弄され凍土に消えた兵士たちの血の肉声…その全てから、あの戦争の全貌に迫る。

【目次】
第1部 雲山の警告
第2部 暗い日々―北朝鮮人民軍が南進
第3部 ワシントン、参戦へ
第4部 欧州優先か、アジア優先か
第5部 詰めの一手になるか―北朝鮮軍、釜山へ
第6部 マッカーサーが流れをかえる―仁川上陸
第7部 三十八度線の北へ

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(ノンフィクション)
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
624ページ
電子版発売日
2016年03月04日
紙の本の発売
2012年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年06月05日

    「戦争はクリスマスまで終わる」仁川上陸作戦に成功し平壌を占拠した連合軍はマッカーサーを筆頭に楽勝気分に浮かれていた。第8軍のカイザー少将は1950年10月25日に「われわれは帰途につく。もうすぐだ。クリスマスまでにだ。命令が出ている」と士官らに語った。連合軍の一部はすでに鴨緑江に達していたが、戦線は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月23日

    東西冷戦のアジア地区での戦い。北朝鮮が攻め込んできて、アメリカを中心とした国連軍が押し返す戦争のドキュメンタリー。
    単純・退屈な話なんだろうなという予想をいい意味で大きく裏切る名著。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月01日

    朝鮮戦争を知りたい時の最良の選択肢だと思う。マッカーサー周辺の状況やその無能さもサラリーマン的に良く判る。例え話で引用したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月05日

    重量級の朝鮮戦争ドキュメント。アメリカの政府・軍上層部内(中朝露側も少々)の駆け引きと誤算、前線で戦った将校・兵士らの証言からなる。中央と前線の対比が読みどころ。また、マッカーサーという特異な個性もひとつの主役になっている。

    アメリカにとって朝鮮戦争は忘れられた戦争である。引き分けるために多くの血...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月19日

    著者が長年のジャーナリスト経験で築き上げた思い込みを基礎にして構築した朝鮮戦争にまつわる物語。読み物としては面白い。
    著者の主観、登場人物の主観、客観的評価が渾然一体となった文章なので、ノンフィクション風味の物語として読むべきだろうと考える。
    例えば、日本の朝鮮支配に関する一面的記述は、著者の思い込...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争(上)
    十年の歳月をかけて取材執筆、ハルバースタム最後の作品 1950年、北朝鮮軍の南進により勃発した朝鮮戦争。反共の名の下に、参戦を決定したアメリカだったが、それは過酷極まりない戦争への突入だった。スターリン、金日成、トルーマン、マッカーサー、毛沢東―時の指導者たちが抱いた野望と誤算、彼らに翻弄され凍土に消えた兵士たちの血の肉声…その全てから、あの戦争の全貌に迫る。 【目次】 第1部 雲...
  • ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争(下)
    「Die for a tie」(引き分けるために死ぬのだ)――中国参戦はないというマッカーサーの誤算が引き起こした消耗戦。この凄惨な戦争の始まりから終結までを、膨大な資料と生還した兵士たちのインタビューで詳述、その歴史的意義を新たな視点から照射する。ハルバースタムが10年の歳月をかけて取材執筆、最後の作品にして最高傑作。 【目次】 第7部 三十八度線の北へ(承前) 第8部 中国の参戦 第9部...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています