超時空要塞マクロスII・LOVERS AGAIN VOL.1

超時空要塞マクロスII・LOVERS AGAIN VOL.1

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

マクロスの戦いから約80年、ゼントラーディを下僕としたマルドゥーク軍が地球に迫る!人気OVAノベライズ待望の電子復刻!

巨人族ゼントラーディと、地球の要塞艦マクロスとの激戦から約80年、かつて、文化を持たない巨人たちに衝撃を与え、その歌声で戦闘を終結へ導いた歌手、リン・ミンメイも伝説として人々の記憶に留まるのみ。人々は平和を謳歌し、時として遭遇するゼントラーディとの戦いでも、歌を攪乱兵器とした「ミンメイ・アタック」で容易に敵を退けてきた。
フリーの芸能レポーター神崎ヒビキは、地球統合軍の女性パイロット・シルビーと司令官のスキャンダルを追ううちに、報道用バルキリーで地球とマルドゥーク軍の会戦の只中へ飛び込んでしまう。そこでヒビキが見たものは、「ミンメイ・アタック」が通用せず、次々と撃破されていく統合軍艦艇の姿だった。間断なく続く破壊の光の中、敵艦内に侵入したヒビキは、無重力化した室内に漂う異星人の少女を発見するが…

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
スーパークエスト文庫
ページ数
200ページ
電子版発売日
2015年12月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

超時空要塞マクロスII・LOVERS AGAIN VOL.1 のユーザーレビュー

レビューがありません。

超時空要塞マクロスII・LOVERS AGAIN のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 超時空要塞マクロスII・LOVERS AGAIN VOL.1
    マクロスの戦いから約80年、ゼントラーディを下僕としたマルドゥーク軍が地球に迫る!人気OVAノベライズ待望の電子復刻! 巨人族ゼントラーディと、地球の要塞艦マクロスとの激戦から約80年、かつて、文化を持たない巨人たちに衝撃を与え、その歌声で戦闘を終結へ導いた歌手、リン・ミンメイも伝説として人々の記憶に留まるのみ。人々は平和を謳歌し、時として遭遇するゼントラーディとの戦いでも、歌...
  • 超時空要塞マクロスII・LOVERS AGAIN VOL.2
    マクロスの戦いから約80年、ゼントラーディを下僕としたマルドゥーク軍が地球に迫る!人気OVAノベライズ待望の電子復刻! 歌で敵を攪乱する「ミンメイ・アタック」、文化を持たない巨人族ゼントラーディには有効だったこの戦法が、新たな敵マルドゥーク軍には通じない。敵もまた、歌を兵器として使う軍団だったのだ。地球統合軍の苦戦を撮影した神崎ヒビキの記録は、軍と結託したマスコミ上層部に押さ...
  • 超時空要塞マクロスII・LOVERS AGAIN VOL.3
    マクロスの戦いから約80年、ゼントラーディを下僕としたマルドゥーク軍が地球に迫る!人気OVAノベライズ待望の電子復刻! 芸能レポーター神崎ヒビキは、スクープ狙いで飛び込んだ戦場で、敵・マルドゥーク軍の歌巫女(イミュレーター)イシュタルを救い地球へ連れ帰る。地球の歌に触れ、自らの祖国に疑問を抱いたイシュタルはマルドゥーク艦に戻り、上級の教歌母(アルス・ノヴァ)を説得しようと試み...
  • 超時空要塞マクロスII・LOVERS AGAIN VOL.4
    マクロスの戦いから約80年、ゼントラーディを下僕としたマルドゥーク軍が地球に迫る!人気OVAノベライズ待望の電子復刻! 歌を兵器として使うマルドゥーク軍の前に、ミンメイ・アタック(歌による攪乱戦法)が通じない地球統合軍は度重なる敗退を余儀なくされ、市民への情報統制も限界に達していた。窮した統合軍の出した結論は、マクロス2による地球脱出(エクソダス)計画だった。移民先はすでに入...
  • 超時空要塞マクロスII・LOVERS AGAIN VOL.5
    マクロスの戦いから約80年、ゼントラーディを下僕としたマルドゥーク軍が地球に迫る!人気OVAノベライズ待望の電子復刻! イシュタルの歌とヒビキたちの奮闘で、マルドゥーク本星の民衆はリン・ミンメイの幻影から解放され、目覚めた。地球へ戻ったヒビキとシルビーは統合軍の回線をジャックして市民にマルドゥークの真実を伝えるが、直後、軍に拘束されてしまう。イシュタルは彼らと別れ、単身マルド...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています