習近平の中国

習近平の中国

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

猛烈な反腐敗闘争、戦後秩序を揺さぶる外交攻勢、急減速する経済の立て直し──。二〇一二年の総書記就任以来、習近平は猛烈なスピードで改革を進めている。基本的な方向性は間違っていない。しかし、まさにその改革によって、共産党一党支配の基盤は崩れていかざるを得ない。危ういジレンマに直面する中国は今後、どこに向かうのか。中国大使をつとめ、習近平を知悉する外交官が描いた「苦闘する超大国」の実情。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2015年11月13日
紙の本の発売
2015年05月
サイズ(目安)
2MB

習近平の中国 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年05月12日

    中国共産党の歴史的経緯を踏まえた上で習近平やその政治を語った一冊である。

    習近平だけでなくそれ以前の中国共産党の政治の歴史を記している。そのため無学者でも理解がしやすい内容であった。強いて言えば読み仮名が欲しかった。

    毛沢東というカリスマ溢れるリーダーが共産党を設立。その後、鄧小平や江沢民と受け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月08日

    【189冊目】2010年まで中国大使を務めた著者による現代中国の分析と未来予想図。明快な筆致と、基礎的な知識を網羅した内容で、必読の書だと感じた。
    以下、備忘。
    ・現在の体制は習・王体制と呼ばれるほど、紀律担当の常務委員の王岐山の重要性が高い。
    ・2017年の共産党全国代表大会では、その王岐山が引退...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月27日

    中国共産党の組織体制からその思考方法の概略をつかむことができる。鄧小平以後の指導者についての説明も多い。

    習近平についての記述は後半でやっと出てくる。中国が抱えているジレンマや共産党についての知識を学ぶことが出来る。ネトウヨはじめ中国を毛嫌いしている人こそこういった本を読んで知識を身に付けるべきだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月30日

    当たり前だが、習近平氏が国家主席に就任した際には、歴代の国家主席のようなカリスマ性を感じなかったが、本書を読んで共産党の腐敗を打開するために本腰を入れていることが理解できた。数十年後、習近平氏の偉業として振り返られる日が来るのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月29日

    ようやくマトモな中国論に出会った。特にトラ退治の対象になっている人物の背景や繋がりがよく理解できた。
    チャイナスクールの代表たる著者は中国に好意的な見方をしているが、逆に本書を読んで中国の限界が見えた気がする。共産党一党独裁体制のままで中進国のワナから抜け出せるとは思えない。これからも社会は複雑化す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月29日

    本書の題名が示す様に中国はトップに立つ人物によって国の性格が大きく変わる。それは中国の実体が共産党だからであろう。つまり共産党が何を考え、組織が安定している華道家が中国にとって最も重要なことであると言える。

    習近平氏は国民のベクトルを合わせるために、15の改革項目を掲げ、2020年までに結果を出す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月29日

    最近読んだ中国関連の本の中では、最も深い考察と思えた。推察はそう断っているところも好感をもてる。良い本である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月21日

    読んでみたい本だった。チャイナスクールの出身とされ、
    北京駐在も三回で、中国の現代史をみてきたからだ。
    読みながら、言葉の選び方が、浅すぎるとおもった。
    中国共産党の『隠したがり体質』と『相手を過酷に倒す仕組み』
    という表現に、まったく インテリジェンスを感じない。
    おじさん的表現だよ。
    それに、テ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月12日

    いままで余りきちんと勉強していなかったのですが、ようやくきちんと勉強しました。日々の報道が偏りがちで、表面上の話が多いですが、違った視点から勉強になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング