黄昏客思

黄昏客思

作者名 :
通常価格 1,500円 (税込)
紙の本 [参考] 1,890円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

己を人生の客となし、背後に時間はたゆたう。
怜悧な思索と生の官能とが反響しあう二十篇の随想。

人生の黄昏、わたしはこれから何をするのか、と自問する瞬間が訪れる。答えのない問いを「正しく問う」道標を探す香気高い随想集。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
296ページ
電子版発売日
2015年10月23日
紙の本の発売
2015年10月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年10月04日

『皆がその死を悼んで集まってきているその家のあるじは、いま無責任な客のような顔をして無聊を託(かこ)っている、この俺自身なのではないか』―『主客消失』

定義付けのされた言葉が多く並ぶ。それ故に文章の意味するところは、多少意図的な飛躍はあるものの、論理的である。著者の小説にはない角張った音がする。と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています