偉大なる大元帥の転身 出直し召喚士は落第中

偉大なる大元帥の転身 出直し召喚士は落第中

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

平凡な中学生だったケータが、異世界ディルスマグナに召喚されて早三年。フレッドフォード召喚学院に通うケータには、ある秘密があった。それは彼が魔王の腹心、大元帥ヴェーレスとしてかつて名を馳せていたこと! ヒトと魔族が和平を結んだ後、正体を隠し、強大な魔力を封じて元の世界に戻る方法を探すケータだったが……。ヒトの操る精霊召喚術はうまく発動せず、討伐するべき魔物はこっそり逃がし、ついた渾名は、任務達成率ゼロパーセント。しかしそんなある日、優秀な生徒だけを集めた遠征調査隊のガイドに任命される。その行き先はなんと、魔王軍の戦略拠点要塞ベルタ――元自分の城で!? 魔王の腹心が、落ちこぼれの戦術召喚士にジョブチェンジ!? 波乱尽くしの出直し異世界転戦記、堂々開幕!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ファミ通文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
ファミ通文庫
電子版発売日
2015年10月30日
紙の本の発売
2015年09月
サイズ(目安)
6MB

偉大なる大元帥の転身 出直し召喚士は落第中 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年06月18日

    ごく普通の学生だった主人公は、ある日住処とペットごと
    異世界に連れていかれた。

    3年も頑張ったのに、突如の和平。
    そりゃ叫びたくもなるでしょうが、帰宅するため
    その後頑張る主人公。
    召喚を頑張るらしいですが、どちらかと言えば
    送還を勉強しなくてはいけないのでは?
    自分の世界を召喚するのは…いや、入...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    いまいち

    かーぼー 2015年10月31日

    日本人が異界に召喚と言うか飛ばされ?放置。
    命を助け拾った魔王により魔力を与えら大元帥へ。
    でも訳ありの魔王の悲願である世界制覇は途中で休戦。
    理由は謎。
    力を隠して地球?への帰還の道を探す主人公の物語。

    封印された力を解放すれば無双系の主人公なんだけど、展開がベタで予想が容易。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月11日

    前作とは異なるってあるけど、経緯がなんとなく似通ってるかな、と。なんとなく、のレベルだけどな。
    あと最初の彼女の思惑とかすんげー気になる。

    本編は王道。
    隠し部屋がメインだったけど。

    このレビューは参考になりましたか?

偉大なる大元帥の転身 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 偉大なる大元帥の転身 出直し召喚士は落第中
    平凡な中学生だったケータが、異世界ディルスマグナに召喚されて早三年。フレッドフォード召喚学院に通うケータには、ある秘密があった。それは彼が魔王の腹心、大元帥ヴェーレスとしてかつて名を馳せていたこと! ヒトと魔族が和平を結んだ後、正体を隠し、強大な魔力を封じて元の世界に戻る方法を探すケータだったが……。ヒトの操る精霊召喚術はうまく発動せず、討伐するべき魔物はこっそり逃がし、つい...
  • 偉大なる大元帥の転身2 勇者と炎上トーナメント
    「帰っておいでよ、ヴェーレス」合同調査から戻ったケータに、四天王の一人である百獣族の族長ベスティアリは告げた。その勝手な言い分に、怒りながらも心がざわめくケータ。そんな折、フレッドフォード召喚学院は、年に一度開催される創立祭の準備に沸いていた。成績上位者のみが参加を許されたイベントの華――精霊召喚タッグトーナメントで、優勝を目指して闘志を燃やすイリスたち。それを尻目にケータは...
  • 偉大なる大元帥の転身3 行きて、帰りし英雄譚
    大波乱の創立祭が終わり、ついに待ちに待った長期休暇。この機会に、自分を召喚した人物に接触しようと意気込むケータに告げられたのは、成績不良者の退校宣告! そんなケータを救うべく、つきっきりの特訓を申し出るライラ。一方イリスは、『白の腕』にスカウトされ、学院を離れる決意を固めていた。それぞれの進路に揺れる中、首都・水晶府に集まるケータたち。皇帝、光の勇者、白の腕、四天王――彼らが...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています