蜂蜜秘密

蜂蜜秘密

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
紙の本 [参考] 715円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

永遠の少年と花守る少女が秘密の扉を開く

〈奇跡の蜂蜜〉を作るポロウ村に転校してきたレオ。蜂蜜の秘密に関わる旧家の娘サリーは、それから次々と不思議な出来事に出会う。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2015年10月02日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

蜂蜜秘密 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年05月11日

    文明から遠ざけられた、ひっそりと隠されるようにあるちいさな村。
    13歳の少年少女と村の秘密のおはなし。
    主人公はどういう立場なんだろうなあと想像しながらよみました。ある程度こうかなあ、と予想ついてしまう部分はあるけれども、話が進むたびにページを読む手がはやくなる。
    蜂蜜と妖精と人間と。全部ひっくるめ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月03日

    久しぶりに良い物語を読んだ。
    満足感・幸福感を得られた優しいファンタジーだった。
    様々な掟があるというのは、現代の私たちには不便にしか思えない世界だけど、掟は住む人を縛る苦しいものではなくて、心豊かに暮らす当たり前のルールなんだな。
    レオとサリーとジャック、3人がいれば何も怖くない、一緒にいるだけで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月03日

    他人に言ったことはないのですが、小路氏のファンタジーはかなり好きです。
    もともと純粋な登場人物が多いうえに、変に幼稚にならずに子どもが一人称で語る文章が好ましいのが理由かな。
    本書もその特徴が上手く活かされており、期待を裏切らない内容でした。
    後半に真実が明らかになるにつれて生臭さが強すぎた点がやや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月10日

    遠くの国から編入生としてポロウの農学校にやってきたレオはなんだかとても不思議な少年
    なんでもできて、なんでも知っていて
    蜂蜜色のくるくるの髪の毛が似合う
    笑顔の優しい男の子だけど、時々
    おや?と思うことをしてるんだ

    食べると病気知らずになると言われている
    「ポロウの蜂蜜」は
    村の固有種であるポロウ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月11日

    奇跡の蜂蜜が採れる村の話。

    ファンタジーだけれども やっぱり小路さん。
    温かい世界の温かい人たちの1冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月01日

    装丁に惹かれて手に取る。
    ポロウの村はあえて文明から切り離された生活を守り続けている村。レオの使命は何なのだろうとドキドキわくわくしながら読んだファンタジー。ファンタジーで終わりかと思いきや最後の最後でむむむと唸らされた。人の業って…。

    それにしても今大切にしたいと思う想像する力が試される物語。小...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月29日

    「様々な苗字が混ざり合う謎めいた村」という、ディテールの作り込みがとても素敵だった。
    こういう「名前」の使い方もあるのだなと。

    この美しくて幻想的な世界観、是非ともアニメ化希望です。
    レオの声は勿論、渚カヲルでお馴染み石田彰さんで。

    しかし伝説や言い伝えというのは、やはり真相を知ってしまうと興醒...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年01月11日

    Tぬオススメ本で、Rさまも絶賛されていた本。期待を大きく上回り面白かった。
    とても上質なファンタジー。
    文明から閉ざされたような村でとても素直に育っている少年少女たちが可愛らしい。
    レオは妖精なのか?なんなのか?とずっとドキドキしながら読んだ。
    なんだかちょっと良さげなハチミツを買いに行こうかしらと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年09月28日

    昔の、早川海外ファンタジーのような雰囲気がある。
    作者は、ゲームのシナリオも書かれていたという事なので、(ファンタジーを手掛けていたかどうかは知らないが)自然な感じだ。
    ラノベにもファンタジーがたくさんあるけれど、一味違う気がする。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年04月11日

    村の為に自分を犠牲にする姿に心打たれました。
    また、このような自然あふれる村が本当にあればいってみたいとも思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています