短歌 27年12月号

短歌 27年12月号

作者名 :
通常価格 723円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

特集は「平和のうた」。戦後70年が経ち戦争を知らない世代が増えたいま、さりげなく過ごしている日常が、いかに平和であるか。日常をうたった歌を改めて読み、平和について考えます。
「結社特集 師を持つということ」では、結社に入り師匠を持つという意義を、各結社に所属する方たちにご紹介いただきました。
特別付録は「日本全国結社マップ」。全国にある結社が一目瞭然の便利なマップです。


■巻頭31首…大島史洋、島田修三、今野寿美
■巻頭エッセイ「歌の理由」…篠 弘
■グラビア 「花歌」水原紫苑×菅 美波
■歌人の朝餉…佐伯裕子
■歌人の晩酌…森井マスミ

【連載】
■一首鑑賞
「忘れられない歌集」…大畑悳子
「父性」…安藤昭司
「古典この一首」…佐藤弓生
■評論
「詩の点滅―現代詩としての短歌」 …岡井 隆
■エッセイ
「歌のある生活」…島田修三
「やさしく、茂吉」…秋葉四郎
「ハナモゲラ短歌」…笹 公人
「日本歌紀行」…田中章義
「てのひらの街」…立花 開
「大学短歌会が行く!」…神戸大学短歌会
■書評
岡井隆歌集『暮れてゆくバッハ』
高尾文子歌集『約束の地まで』ほか
■歌壇時評…大辻隆弘・永井 祐
■短歌月評…黒木三千代
■歌集歌書を読む…阪森郁代
■全国結社・歌誌展望…本田一弘
■誌上添削教室…高尾文子
■公募短歌館 選者…志垣澄幸・香川ヒサ・松平盟子・加藤治郎
■題詠 今月の発表は題“砂”。選者…安森敏隆
※電子版には付録・応募用紙・応募ハガキは付きません。あらかじめご了承ください。
※電子版ではプレゼントの応募や投歌ができません。あらかじめご了承ください。

ジャンル
出版社
角川文化振興財団
電子版発売日
2015年11月25日
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play