エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明

エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明

作者名 :
通常価格 652円 (593円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

「死の病」と恐れられたエイズ。その治療薬を世界で初めて開発したのは日本人だった!  熊本大学医学部を卒業し、アメリカの国立衛生研究所に勤務していたときの快挙である。リスクの高い研究に生命を賭して取り組んだ日々、巻き込まれた特許紛争など、いまやノーベル賞候補ともいわれる研究者の半生を描いたノンフィクション。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / 人物評伝
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2015年09月25日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年11月02日

    この本を読むキッカケは、NHKの放送だった。
    エイズ治療薬を世界で初めて発見した男であり、ノーベル賞受賞してもおかしくない実績がある。

    本書の主人公、満屋裕明は1950年(昭和25年)、長崎県佐世保市で生まれた。
    母親が看護婦をしていた事が医師になるキッカケになった。
    母親にこう約束したことが今の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月12日

    面白いサイエンス関係の本に久々に出会った。最近では、全く話題にもならないAIDSだが、治療薬開発段階での知られざる事実を詳細に描写して戴き、改めてDr.満屋の素晴らしさを実感することができた。これまでは伝説の人というイメージで私の中では理解していた点もあったが、作者の明快な語り口によって、関連情報が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月21日

    「死の病」と恐れられたエイズの治療薬を世界で初めて発見したのが満屋裕明・熊本大学教授だ。満屋は、母との約束を果たすため、医師となり、アメリカでエイズ治療薬の開発に没頭する。死をも恐れぬ壮絶な研究の日々と半生を描いたノンフィクション。
    医療者にもかかわらずエイズの治療薬に関する知識は無いに等しい私。た...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています