スタア・バーのカクテルブック

スタア・バーのカクテルブック

作者名 :
通常価格 1,119円 (1,018円+税)
紙の本 [参考] 1,210円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

東京・銀座にある「スタア・バー」のオーナー、岸久氏は日本バーテンダー協会の協会長であり、2014年秋、黄綬褒章を受章した日本を代表するバーテンダーである。若くして数々のカクテル・コンテストを制し、1996年には最も権威ある「IBA 世界カクテルコンクール」のロングドリンク部門で、日本人初の世界チャンピオンに輝いた。

そんな岸氏の経歴からもわかるように、「スタア・バー」といえば「カクテル」。バーテンダーとして初の「現代の名工」に選ばれた彼のカクテルは世界中からお客が集まってくる。本書ではスタア・バーの得意とするカクテルや、これまで数々の大会で優勝したときのカクテルを、オリジナルのカクテルなどを、カラー写真で45点、オリジナルレシピ付きで紹介。

また、岸氏おすすめの全国のバーもご紹介。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 食・料理
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
200ページ
電子版発売日
2015年09月25日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

スタア・バーのカクテルブック のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年09月07日

    もともと酒は弱いのだが、カクテルには惹かれるものがある。鮮やかな色。名前や謂われなどの蘊蓄。この本では、銀座の新興の名店のオーナーが、自分の歴史を語りつつ、カクテルのレシピや言われなどを語っている。むろんカラーだ。一杯飲んだら倒れそうだが、飲んでみたい。この本にはアルコール度数も表記されているし、ち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月23日

    有名バーのバーテンダーの書いたカクテルブック。
    スタンダードカクテルが半分、オリジナルが半分くらいの分量ですね。
    この本で得た知識を元にショットバーに行こうと思うにはちょっと物足りないかもしれません。
    カクテルの写真が綺麗なのは好印象でした。
    ただ、自伝的なところは、この枚数だと不要だったかなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春新書 の最新刊

無料で読める 暮らし・健康・美容

暮らし・健康・美容 ランキング