日本の手術はなぜ世界一なのか 手術支援ロボットが拓く未来

日本の手術はなぜ世界一なのか 手術支援ロボットが拓く未来

作者名 :
通常価格 730円 (税込)
紙の本 [参考] 885円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

王貞治氏の胃がん手術執刀医がいま「ダヴィンチ」(手術支援ロボット)への熱き思いを語る! 腹腔鏡手術による胃の全摘に世界で初めて成功した著者が、「ダ・ヴィンチ」を広めるためにできることとは何かを考える。医療の世界は、海外は成果主義で、日本は年功序列型。たとえば報酬の面でいえば、海外では手術をすればするほど収入が増える。だから患者を部下に任せるようなことは絶対しない。一方、日本の医局は、徒弟制度のようにベテランが若手に技術を伝承してきた。職人かたぎが手術へのこだわりを生んだことも技術の面で影響したし、徒弟制度のように師匠がしっかりと弟子に教えるので、落ちこぼれは出にくく平均的にいい医師が多くなっていった。その上で、ロボット手術の技術が加わった。器用な医者が使えば日本の手術レベルはさらに高まるだろう。第一線で活躍する著者が今後の医療のあり方と目標を語る。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2015年09月11日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年11月16日

医師一人あたりの症例が、多いほど手術レベルがあがる。日本の胃がん手術レベルが高い理由はそこにある。
韓国は胃がんセンターが16に集約されて一人あたり日本の数倍以上の手術症例がある。しかも手術支援ロボット「ダヴィンチ」の普及では日本を追い越している。
遠隔操作でロボットアームで腹腔手術を行う。関節によ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play