ウォルテニア戦記XIV
  • 値引き

ウォルテニア戦記XIV

作者名 :
値引き価格 924円 (840円+税) 8月14日まで
通常価格 1,320円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

長きにわたる北部動乱もついに決着のとき。御子柴亮真の作戦で各地から流れ込んできた難民との衝突により、城塞都市イピロスは混乱のるつぼと化していた。その時、シグニスは自らの手で新たなる道を切り開く決意を固める。いっぽう御子柴亮真はユリア夫人の手引きのもとザルツベルグ伯爵を討ち取るが、それはローゼリア王国を支配する貴族階級の反感に火をつける行為だった。 そして、南からは新たなる火種が……「小説家になろう」発の王道ファンタジー戦記、つかの間の勝利を楽しむ亮真に新たな戦雲が訪れる。

ジャンル
出版社
ホビージャパン
掲載誌・レーベル
HJ NOVELS
電子版発売日
2019年11月22日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

ウォルテニア戦記XIV のユーザーレビュー

    購入済み

    面白い!

    アイン 2020年05月09日

    けどポッと出のサブキャラのシーンが長い!
    数十ページ使って独り言をするだけで出番の終るサブキャラとかびっくりしました
    考えた設定を細かく説明したい気持ちはわかりますが、断舎利も必要じゃないかなと思いました
    などと批判的なことを書きましたが、内容はすごく面白いです
    よく考えられた設定に、ストイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ぎりぎりプラスかな

    sinta 2019年12月11日

    本編そのものは本当に面白いと思います。強引に異世界召喚された武力MAX高校生が、異世界で成り上がっていく(なぜか智謀MAXにもなってますが)。個人的感想ですが戦記物としては十分楽しめると思います。
    ただし、その面白さを台無しにする欠点もありまして、とにかくやたらと長い説明と例え話が挿入されることで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    知ってた

    ツツジジ 2020年05月16日

    驚くほど、話が進まない
    サブキャラの国の話が長々されるとは

    続きが気になるタイプの人は一冊では話進まないので、
    5冊ほど出てから買うべき

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    いままでで一番・・・・

    マリオテニス 2019年11月29日

    全巻購入しているけど、今回が一番つまらなかった。銃についての蘊蓄だけで巻全体の15%もあって、ほかにも過去の繰り返しの記述がほとんど。主人公たちの活躍なんてほとんどありません。他人が語って伝聞で済ますってありえない(>_<)巻を追うごとにつまらなくなってきたから今回で最後にするよ。(-_...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ウォルテニア戦記 のシリーズ作品 1~16巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~16件目 / 16件
  • ウォルテニア戦記 I
    値引き
    739円(税込)
    戦乱の続く異世界に召喚されてしまった高校生・御子柴亮真。自分を召喚したオルトメア帝国が人を召喚しては使い潰す卑劣な勢力であることを知った彼は持ち前の武術を活かし、帝国の重要人物を殺害してオルトメアを出奔する。ある日、盗賊たちに捕えられた双子の姉妹を救った亮真は、「法術」の力を持つ彼女たちを配下に服従を誓われたことをきっかけに、覇王としての道を歩み始める――。「小説家になろう」...
  • ウォルテニア戦記 II
    値引き
    739円(税込)
    異世界の軍事大国・オルトメア帝国に召喚された高校生・御子柴亮真。帝国に大打撃を与えながら脱出した彼は、双子の姉妹ローラ・サーラとともに元の世界へ還る方法を探しながら旅を続けていた。しかし彼らは偶然が導くまま、赤髪の女傭兵リオネ率いる「紅獅子」傭兵団と共にローゼリア王国の内紛に巻き込まれてしまう。そこで国家とギルドと言う巨大な権力に挟まれた亮真は、己の戦才をこの世界で活かすた...
  • ウォルテニア戦記III
    値引き
    739円(税込)
    激化するローゼリア王国の内紛。現代から召喚された高校生・御子柴亮真は、 ローゼリア王家の継承権を持つルピス王女に手を貸して兵を集めはじめる。 女傭兵「紅獅子」のリオネなど一騎当千の将が集まったルピス王女の陣営だが、数のうえでは圧倒的な劣勢。 しかし、亮真は必勝の策を胸に決戦へと打って出る――。
  • ウォルテニア戦記IV
    値引き
    739円(税込)
    御子柴亮真の活躍によって勢いを増したルピス王女の陣営は、宿敵の一人であるアーレベルク将軍が立て篭もるイラクリオンの街へと駒を進めた。戦いはルピス陣営の必勝と思えたが、厳翁と咲夜をイラクリオンに潜入させた亮真は、敵陣営のきな臭さを感じ取る。そして、そのころ日本では新たな悲劇が――。ローゼリアの運命を変える亮真の一大決断がいま下される――!!
  • ウォルテニア戦記V
    値引き
    924円(税込)
    ローゼリアの内乱を終わらせた功績で男爵に任じられ、ウォルテニア半島を与えられた御子柴亮真。しかし実際は未開拓の土地を渡されたにすぎなかった。実力を恐れられ、厄介払いでウォルテニアに追われたことに気づいた亮真だが、彼にはウォルテニアの地を足掛かりに、勢力を発展させる秘策があった。一国一城の主となった亮真の活躍を描く新章がスタート!
  • ウォルテニア戦記VI
    値引き
    924円(税込)
    男爵としてウォルテニア半島を与えられ、さらなる勢力拡大を図る御子柴亮真は、彼を利用しようとするザルツベルグ伯爵の弱点を突いた取引をもちかけ、最大限の支援を引き出すことに成功する。解放した奴隷たちを率いてウォルテニア半島の制圧に乗り出す亮真だが、そこでは意外な出会いが彼を待っていた――。異世界に召喚された男の覇道を描く人気ファンタジー戦記、第6巻!
  • ウォルテニア戦記VII
    値引き
    924円(税込)
    御子柴亮真のもとで発展を始めたウォルテニア半島。しかし西方大陸で新たな戦争が始まり、亮真は主君であるルピス女王から軍隊の派遣を命じられる。なんのメリットも無いような任務に、鍛え上げた精兵を率いて参加する亮真。その胸には、半島の地の利を活かして莫大な儲けを引き出す秘策があった。いっぽう人間を避けて半島の秘境でひっそりと暮らす亜人たちは、亮真と接触を持とうとするが……。
  • ウォルテニア戦記VIII
    値引き
    924円(税込)
    終わりが見通せないままの、オルトメア帝国軍と三王国連合軍の戦い。この戦いの真の勝者となるべく動き始めた御子柴亮真は、自分のあるじであるローゼリア以外の同盟国ともつながりを持ち始める。時を同じくして、北方の大国エルネスグーラが旗色を明らかにしないまま軍勢を動かし始めたため、亮真はこれを好機と見てエルネスグーラに接触を試みるが……。
  • ウォルテニア戦記IX
    値引き
    924円(税込)
    オルトメア帝国軍と三王国軍の戦争が泥沼化するなか、かつて自分をこの世界に召喚した旧敵・オルトメア帝国の侵攻を阻むため、御子柴亮真はオルトメア領内にある最重要拠点であるノティス砦の攻略を提案する。しかし、それは敵国内に深くもぐり込まなければ不可能な、大ばくちとも言うべき企てだった。亮真以外の誰もが不可能と考えた作戦だが、そこには意外な抜け道が……。
  • ウォルテニア戦記X
    値引き
    924円(税込)
    御子柴亮真の働きによって、オルトメアと三王国連合軍との戦いは終結に向かい、亮真はザルーダ国王・ユリアヌス1世と有力なパイプを作りつつ、しばらくぶりに自分が経営するウォルテニア半島へと帰還を果たす。いっぽう西方大陸に混乱を広めるため暗躍する須藤たちの組織は、亮真の存在価値を改めて思い知らされ、新たな謀略を企てるが――。「小説家になろう」発の王道ファンタジー戦記、新章開幕の第10巻!
  • ウォルテニア戦記XI
    値引き
    924円(税込)
    ウォルテニア半島へ帰還した御子柴亮真は、領主としての雑事に追われながら自分が率いる軍隊の強化を目指していた。主であるローゼリア王国からいずれ独立しようと考える亮真は、その布石としてローゼリア領内での情報収集のため腹心のケビンたちを潜入させる。いっぽう、戦後の混乱から治安が悪化したローゼリアでは、組織の暗躍によって住民の不満がたまり爆発寸前の状態となるが……。
  • ウォルテニア戦記XII
    値引き
    924円(税込)
    着々と反乱への準備を進める御子柴亮真の手腕によって、混乱が広がるローゼリア王国。この際ルピス王女を見捨てようと考える貴族も現われ、王国の勢力は分裂していく。そんな中、亮真は未だその真価を見せない妖刀・鬼哭の声を聴く。そして、ローゼリアの内乱は、周辺の諸国にも影響を与え……。
  • ウォルテニア戦記XIII
    値引き
    924円(税込)
    万全な戦争準備のもとに、怒涛の勢いでザルツベルグ伯領に迫る亮真の軍。迎え撃つのはザルツベルグ伯爵と王国北部の有力貴族団である「北部十家」。初戦こそ互角だったものの、堅牢な城塞都市に籠るザルツベルグ伯爵を真正面から打ち破るのは難しいと判断した亮真は心理戦を仕掛ける。いっぽう王都では、たび重なる内乱にルピス女王が悩みを深めていた――。
  • ウォルテニア戦記XIV
    値引き
    924円(税込)
    長きにわたる北部動乱もついに決着のとき。御子柴亮真の作戦で各地から流れ込んできた難民との衝突により、城塞都市イピロスは混乱のるつぼと化していた。その時、シグニスは自らの手で新たなる道を切り開く決意を固める。いっぽう御子柴亮真はユリア夫人の手引きのもとザルツベルグ伯爵を討ち取るが、それはローゼリア王国を支配する貴族階級の反感に火をつける行為だった。 そして、南からは新たなる火...
  • ウォルテニア戦記XV
    値引き
    924円(税込)
    北部動乱を勝ち抜き、占領した旧ザルツベルグ伯爵領を拠点とするため着々と手を打つ御子柴亮真は、シグニスとの会話から、迫りくる脅威の到来を予感する。ローゼリア王国の貴族院が、きっと亮真の戦争行為を罪に問うであろうと。貴族たちとの本格的な開戦に備え、亮真が次に面会を求めたのは豪商・クリストフ商会のシモーヌだった。そして、虜囚として監禁されていたロベルトはシグニスとの和解の果てに、...
  • ウォルテニア戦記 XVI
    続巻入荷
    1,320円(税込)
    北部動乱でザルツベルグ伯爵を滅ぼしたことを問題視する貴族院に召喚された、御子柴亮真。ローゼリア王国に反旗を翻すことを心に決めた亮真は、中間派の貴族を取り込むために大がかりな夜会を計画する。繁栄をはじめたウォルテニア半島の財力を見せつけ、貴族たちの度肝を抜く亮真だが、その陰で亮真を暗殺するようメルティナから命じられた騎士団が王都セイリオスに入りつつあった……。ローゼリア王国に再...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ウォルテニア戦記 に関連する特集・キャンペーン