江川と西本(3)

江川と西本(3)

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
紙の本 [参考] 596円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

長嶋監督・・・俺のことも見てください!
ドラフト外で巨人軍に入団することになった西本聖。
晴れの舞台となる入団会見の日を迎えるも、長嶋茂雄新監督をはじめ周囲の視線は、高校野球界のプリンスにしてドラフト1位の定岡正二に集中する。
入団後、練習でアピールを試みる西本だったが、やはり注目する者は皆無だった。
「長嶋監督・・・定岡ばかりじゃなく俺のことも見てください・・・!!」
西本の心に沸々と湧く雑草魂・・・試練の日々が始まる!!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスペリオール
電子版発売日
2016年04月28日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

新刊オート購入

書店員のおすすめ

「時代や環境が違うので勿論、一概には比べられないのだが…
大谷翔平の高校時代…
松坂大輔の高校時代…
江川卓の高校時代…
誰が一番すごかったのか…?
その答えは『江川』なのである!」
この文章に「ムム!?」と思った方、是非『江川と西本』を読んでみてほしい!
野球マンガでは「ボールがホップする」という表現が多用される。『江川と西本』の本文から引用すると、物理的に、ボールがホップすることはあり得ない現象だという。マウンドから投げるボールの放物線の軌道によって、「ホップしているように感じる」のが、一般の解釈とされている。
しかし、江川のボールは「ホップしていた」。
バッター側の目線として、ボール3個分上を振っても、ボールは更にその上を通過していくと言う。
高校3年間、ノーヒット・ノーラン9回という異次元の記録を出した「怪物」江川。そして同時代を生きた「雑草」西本。そのライバル伝説に刮目せよ!

Posted by ブクログ 2016年09月07日

巨人入団1年目の西本と定岡で3巻は進みます。その年は第一次長嶋巨人の1年目。最下位で終わったシーズンです。二人は一軍に上がることなく、雌伏の1年でした。
お金の話やくたばれ体育会系の先輩もあって、興味深いですね。裏の話も垣間見えるのは、当時と時間おいているからでしょうね。
さて、前年の雪辱晴らす長嶋...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play