思考と動き

思考と動き

作者名 :
通常価格 1,728円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ベルクソンによるベルクソン哲学の方法論指南。哲学者自身の編んだ講演・論文集が、持続と直観というベルクソン哲学の根本を、彼以前の哲学との異同にも触れつつ納得させてくれる。

ジャンル
出版社
平凡社
電子版発売日
2015年08月28日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年04月16日

『精神のエネルギー』に続けてベルクソン2冊目。言葉では説明できないが、独創的な仕事をしたベルクソンも哲学の伝統に忠実であるのを実感した。各論文の内容については四大主著を読んでから解釈するのが適切だろうと思うので、あえて感想を残さない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月23日

私たちは普段、何かを感じ何かを考えながら生きている。その思考によって成果を出すことは今の社会においては頻繁に求められることだろう。そして、私たちは創造的な思考を求められるが、同時にその思考は現実を捉えていなければならない。
では、考えるとは実際どういったことなのか。私たちの思考はどのようにして働いて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月29日

ベルクリン哲学について、著者自身の講演や論文を集約し、記述した1冊で、夏目漱石などもさかんに読みこんだそうである。「実在を私たちの観念の寸法に合わせてはいけない。私たちの観念を実在に合わせて拡げるのだ。」(P.326)。冒頭の「哲学に欠けているのは正確さである。」(P.9)は核心をついた言葉と感じた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play