AID 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子
  • 値引き

AID 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

作者名 :
値引き価格 523円 (476円+税) 1月23日まで
通常価格 748円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

腐乱自殺死体の爆発事件を皮切りに、続々と起こる異常な自殺事件。捜査に乗り出した比奈子ら「猟奇犯罪捜査班」は、背後に「AID(エイド)」という存在が居ることを突き止めるが。大人気・藤堂比奈子シリーズ第三弾! 【電子版特別付録】次巻『LEAK(リーク)』プロローグ原稿

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2015年08月25日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2019年08月24日

    「猟奇犯罪捜査班」藤堂比奈子シリーズ
    都内の霊園で発見された腐乱自殺死体。
    ネットにUPされた死体の動画、そして次々と起こる自殺事件。その陰に自殺志願者が集うサイトがあることを突き止めた藤堂比奈子だが…。

    きゃ~この小説、めちゃ好きだわ~!
    今回は比奈子さんと野比先生のシーンもそうだけど、
    何とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月03日

    亜希と比奈子のシーンとラストで泣いてしまった。

    本はそんなに読まないし、ホラーもの?殺人物、刑事物も全く興味がなかったですが、これはONから止まらない。

    猟奇事件の周りにあるそれぞれの人生や思い、比奈子が怖がったり怒ったり悲しんだり、自分と同じ立場でいてくれるのでそれぞれの出来事がリアルに感じら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月22日

    冒頭。頭の中が(ぐえぇ)(ひえ~)の嵐。本の中から死臭が漂ってきそうなほどの臨場感。「蛆虫」という存在が嫌悪感を増幅。(ゴキブリvs蛆虫…うわ最悪…なんて脱線もしつつ…)

    腐乱死体、恐るべし。

    でも一方で(きたきたー!これこれ!待ってました!)と今後の展開に期待が膨らんだ。このシリーズ、「怖気」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月16日

    不審な自殺者たちの謎に迫る捜査班一同。

    ドラマは見てないけど、脳内で三木監察官をジャンポケの斎藤さんに置き換えて読んでしまうので、どうしても三木さんに注目してしまう(笑)
    とにかく麗華さんがカッコよすぎる巻。


    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月10日

    今回は自殺事件のはなし。変な自殺が相次ぐ。やはり死体の記述は生々しい。でも事件のテンポが良くて、おもしろい。まさか1日で読めてしまうとは…。もう完結しているシリーズらしいので、じっくり読み進めていきたいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月29日

    今回も結末が読めないまま楽しく最後まで読んだ。
    登場人物が増えないですよね、増える側から減っていくから。本当に安心して読めない。まさかこの人も…と先が気になってそわそわする。
    続巻も楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月03日

    シリーズ第3弾。
    今回も、グロイです。
    でも、読みやすいから、読んでしまうのですよ。
    メインキャラ達はいつも通りに活躍してくれましたが、
    目立ったのは、オタク鑑識課の三木と、その彼女でしょう。
    この二人、大好きになりました。
    そして、定番というのか、ラストは切なかったです。

    知らなかったんだけど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月24日

    藤堂比奈子シリーズ第3弾。事件の描写は想像しただけでぞわぞわした。そして、何よりものび先生と比奈子の2人が切ない…。今回は三木と麗華さんも登場。麗華さん、とても心が綺麗な人だった。本当にこのシリーズのキャラ全部好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月18日

    シリーズものです。今度は自殺願望者の望みをどうするか?という考えのもとに発案。
    犯人は意外と簡単だったかなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月27日

    三作め。前の事件と結びついてるところがあって、連続して読んでるユーザーへの配慮が嬉しいですね。狡猾な名前のミスリードがあるのが鼻につきましたが、今回もさらりと読めました。うっとうしいと思えるほどの登場人物の口調ですが、それがさくさく読める原動力になってるのかもしれません。なんとも切ないような犯人の心...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています