ピコピコ少年
  • 完結

ピコピコ少年

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あの頃ゲームがなければ、死んでいたかもしれない。今だから語れる、自伝的ゲーム青春グラフィティ!●ファミコン中毒のきっかけとなった少女との淡い出会い「初恋少年」●ユートピアだったあの駄菓子屋は今?「駄菓子屋少年」●FFV発売を待つ列の先頭での恐怖の一夜「行列少年」●俺のBrand New Heartはどこに?「センチメンタルハート少年」●雨の日に最高に贅沢にプレイする方法「秘密の城少年」……みんな実話です!!

ジャンル
出版社
太田出版
掲載誌・レーベル
CONTINUE
電子版発売日
2011年06月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
24MB

ピコピコ少年 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年03月05日

    友達の彼女や他校の女子の描写が秀逸。辛い事を忘れてとにかく笑った。見開きで手が止まる事があったポスターのように完成されていた。面白い、良かった。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    若干世代が後になりますが

    ぷに 2013年07月09日

    私より少し世代が後の話でしたが共感できました。
    作者と同様の体験をしてきた者としては懐かしい限りです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月26日

    女の子にもてて、スポーツに打ち込んでいた華やかな青春・・・
    そんなもの自分にはなかった・・・だからこの漫画が染みるんだ!
    クリスマス前に親とゲームショップに行った時の高揚感、小銭握り締めて友達と通った近所のゲーセン。
    すべてが懐かしく胸の奥で輝いていることを思い出させてくれました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月06日

    三十代ゲーマーみんなの思い出。
    あの頃のゲームには楽しいだけではない、暗くてジメジメした思い出が詰まっていたもんだなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月28日

    母親とファミコンの中古ショップに行った時のワクワク感とか、ゲームボーイが買ってもらえなくて何度も夢に出てきたりしたこととか、妹と一緒にゲームしたりしてた思い出とか。
    そんなゲーム思い出を、今思い出させてくれる漫画

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月29日

    ゲームに狂った少年(作者自身)の子供の頃から今に至るまでのゲームにまつわる思い出漫画。

    世代が同じとは行かないまでも、ファミコンやらゲームボーイやら、親ゲームを隠されたり、部屋で隠れてゲームをプレイしたり、秘密基地を作ったり、お年玉を握りしめてゲーム屋を点々としたり。

    「わかるわ〜!!」とニヤニ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月24日

    今、三十代でゲーム好きだった人のバイブル。
    あーあったあった!ってなる事請け合い(^ω^
    基本ギャグなんで、読みやすく、最高にハマれる。続編出るらしく期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月09日

    ファミコン世代の人間なら、ぜひ買って読んで欲しい一冊!
    面白い、本当に面白い漫画だった。
    ゲーマーのダークサイドを容赦なくエグる、シビれるような内容でした。

    ファミコンカセットに息を吹き込む、あの音。
    ゲームのやり過ぎで、母にアダプターを隠された絶望感。
    ゲームセンターに初めて入った時のワクワク感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月03日

    懐かしくってたまりませんでした。
    あと、あの頃の嫌な感じ(いい意味で)とかも思い出せました。
    思い出、プライスレス。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月29日

    アラサーなら読んで絶対に損はない内容。
    ゲームに対して子供たちが、更には保護者をはじめとする大人たちがどう関与していたのか。
    現在とはかなり違うものだったのが分かる貴重な証言集。いや集ではないか。
    ガキの頃にゲーム&ウオッチからファミコン・ゲームボーイという一連の洗礼をうけた世代ならではの悲喜こもご...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています