シバキヨ!2
  • 最新刊

シバキヨ!2

作者名 :
通常価格 759円 (690円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

麒麟と名乗る謎の侍から、この世の悪を懲らしめる『四神』の役割を与えられた若者四人。順調に江戸の町に潜む悪を倒していく一方で、その四神が一人、玄武こと亀は悩んでいた。自身を蝕む『悪人を生かしてはおけない』という観念――。彼の心は暴走し、ついには一度懲らしめた者を殺すまでに至ってしまっていた。 己のその性を嫌悪し、苦しむ亀は、ある日“梅屋のご隠居”を名乗る老人に出会う。彼と釣り友達となる亀だったが、それは亀自身を――そして四神の仲間全員を巻き込む重大な事件の発端となり……?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2015年08月27日
サイズ(目安)
2MB

シバキヨ!2 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年12月03日

    もろもろのやんごとなき方々が登場してきて、なんだか大きなお話になってきました。が、四神は相変わらずなので、どうにもギャップがありますね。
    だんだんと裏が見えてきた感じですが、この後はどう展開するんでしょう。

    このレビューは参考になりましたか?

シバキヨ! のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • シバキヨ!
    693円(税込)
    時は元禄、徳川の世。病気がちな母親のための薬を求めて上京してきた釣り好きの青年・亀は、麒麟と名乗る謎の侍より、いきなり法で裁けぬ悪を懲らしめる《四神》というお役目に抜擢された。 同じように集められたのは読売(新聞屋)でよく喋る少女・すゞめに、元相撲取りで現飯屋の偉丈夫・虎正。そして沈着冷静な若浪人・竜之介。彼らは麒麟の思惑に困惑しつつ、時にケンカし、時に支えあいながら、一見平...
  • シバキヨ!2
    759円(税込)
    麒麟と名乗る謎の侍から、この世の悪を懲らしめる『四神』の役割を与えられた若者四人。順調に江戸の町に潜む悪を倒していく一方で、その四神が一人、玄武こと亀は悩んでいた。自身を蝕む『悪人を生かしてはおけない』という観念――。彼の心は暴走し、ついには一度懲らしめた者を殺すまでに至ってしまっていた。 己のその性を嫌悪し、苦しむ亀は、ある日“梅屋のご隠居”を名乗る老人に出会う。彼と釣り友達と...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています