遺言 日本の未来へ

遺言 日本の未来へ

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

戦後70年――。2015年夏、私たち日本人は大きな節目を迎えます。

日本の安全保障のあり方が大きく転換しようかという今、第二次世界大戦下の日本を直接知る先達に、戦争とは何だったのか、戦後復興、高度経済成長とはどんな時代だったのかを語ってもらうことは、極めて意味のあることでしょう。

そこで経済界、政界、文化界などで戦後の日本を支えた重要人物31人に、日本の未来に向けた「遺言」をいただきました。焼け野原から輝ける時代を築いた当事者には、若い世代にはない強烈な視座があります。混迷の時代を生きる日本人が、この先失ってはならないものとは。未来を拓くために受け継ぐべきものとは。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
ページ数
416ページ
電子版発売日
2015年08月14日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

遺言 日本の未来へ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年09月23日

    なかなかの良書だと思います。戦前生まれの人
    戦争を経験されている著名人の現在の日本に対する遺言
    さすがに日経という感じの人選で、所謂老人たち
    なのですが綺羅星のごとくという感じがします。
    あえて言うと、そこまでの人たちの言葉なので、逆に
    もう少し一人一人の言葉や内容を長く多めに書いて
    ほしいなあと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    有名な経営者ばかりなので期待したが、皆、終戦時は小学生から高校生が中心、玉音放送を聞いた時の状況と各自の戦争観、以降の苦労話、やっぱり戦争は絶対だめだ、という内容。その中で倉本聰の「日本は対前年比ばかり目指すのは間違いだ」というのは印象的。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング