これならわかる コーポレートガバナンスの教科書

これならわかる コーポレートガバナンスの教科書

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「コーポレートガバナンスとは、トップを交代させること」。著者は、コーポレートガバナンスをこう定義します。コーポレートガバナンス改革元年ともいわれる2015年。スチュワードシップ・コードの制定に次ぎ、コーポレート・ガバナンスコードが制定され、社外取締役の実質的義務化も行われるなど、安倍政権の成長戦略の目玉のひとつとなっています。

しかし、コーポレートガバナンスは仕組みをつくるだけでは機能しません。実効性のある運用を行うためには、コーポレートガバナンスの本質の理解がとても重要になってきます。

本書では、コーポレートガバナンスにかかわる実務を担うビジネスパーソンの方々に、コーポレートガバナンスとはなにか、なぜ今、企業のガバナンスが重要とされているのかについて、わかりやすく解説します。

さらに、コーポレートガバナンスについての理解が必要になる背景には、海外も含めた子会社管理など、日本企業にグループ経営の視点を含めた、マネジメントの変革が求められていることがあります。グループ経営の現場で、担当者が抱えている悩みや課題は大きくなっています。本書は、こういった現場の悩みにもこたえる実践書になっています。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
ページ数
248ページ
電子版発売日
2015年08月14日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

これならわかる コーポレートガバナンスの教科書 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年06月03日

    松田先生の著作は、率直な意見が述べられていて、法令や基準の文言の解説にとどまらず、実務で適用する際の「幅」が感じられ、実務担当者として意味のない行き過ぎた対応が防げるような気がしています。
    日本社会では、押さえておかなけばいけないラインと、ここまでやったらやりすぎだよというラインを設定できずに、最大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月13日

    WBS客員教授である、首都大の松田先生の最新作。コーポレートガバナンスについて、今さら聞けない恥ずかしくて聞けないような部分まで優しくわかりやすく解説されている。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています