哀しみキメラ

哀しみキメラ

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

エレベーターが止まった。閉じこめられてしまった矢代純は、乗り合わせた三人の男女、十文字誠、水藤深矢、早瀬綾佳と共に、狭い箱の中で異形のものに襲われる。その不可思議な体験以来、純たちの体に変化が起こり始めた。傷つかない体、突然回復した視力、幽霊が見える目、そして、いくら食べても満たされない飢え。戸惑う純たちの前に、モノ祓い師であるという七倉和巳が現れる。そして彼は告げる。エレベーターの中で遭遇したのは、人間を喰って生きる“モノ”であり、彼ら四人の体は今、その“モノ”と融合してしまっているのだと―。第12回電撃小説大賞“金賞”受賞。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2015年09月12日
紙の本の発売
2006年02月
サイズ(目安)
6MB

哀しみキメラ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年02月04日

    一気に読みふけってしまうほど、引き込まれる作品です。
    4人の男女がエレベーターに閉じ込められ、そこから物語が始まります。
    タイトルと雰囲気の差異に、とても惹かれてしまいました。
    読み終わった後には、人生を深く考えさせられました。
    自分の境遇を受け入れ、幸せになる、それが大切であると学んだ作品です。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    デビュー作なのに、ここまで書ける人もいるんだなぁ、と思わず感心。
    非常に面白かったです。
    ある日突然、人間以外の存在と同化してしまった四人の若者。
    たまたま予備校のエレベーターで乗り合わせただけの彼らが、この世でたった四人だけの同胞になる。
    衝撃的な運命に翻弄されるわりには、比較的淡々と物語...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    電撃小説大賞金賞作品。
    あらすじと表紙イラストで選んだけど、
    超 ツ ボ で し た 。
    勢いで二回読んだ。
    個人的には今まで読んだライトノベルの中で5本指に入る良作だと思う。
    キャラクターも立っているし、話の展開も面白い。
    これはこれで綺麗に完結しているので、続編とかは期待できないだろうけど、あっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    電撃小説大賞受賞作、金賞受賞のこの作品。私的には大賞より好きな作風でしたね。いや、シリアス好きってこともあるんですが、ラストが好き嫌いの多少分かれ目だと思うんですよ。そこが上手く気に入って、文章力が高く、すぐにひきつけられました。ベタで途中から展開が読めましたが、それでも面白い。特に人がモノに変わる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月10日

    切ない本が読みたいと言って友達に薦められた本。
    なんと言うか本当に切なかった。けれど救いがないわけでもなくて、「誰のせいでもなく」「仕方ないことだった」というさじ加減が絶妙。
    この後どう続けるのか、続刊も読んでみたいです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月26日

    悪霊はまずくて化け物はおいしい?
    基準がよく分からないけど、このこともあとで重要な話になるんだよね。
    水藤深矢が好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月05日

    心理描写がもう少し深いと良い作品になったかなと思うものの、ラノベとして、異形モノとして、良い作品だと思う。キャラクターが多いのに、ほぼ全員がちゃんとキャラ立ちしているのが良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月27日

    エレベーターで偶然乗り合わせた4人に起こった事。
    それを悲劇ととるか、日常ととるか、幸福ととるか…。
    どこに属するか、よく分からないのは紅一点の彼女だけ、です。

    誰の主張が一番納得できるか、と言われれば
    十文字だ、と言いきれます。
    その立場になって、初めて拾ったり捨てたりするかも知れませんが
    大事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

哀しみキメラ のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 哀しみキメラ
    605円(税込)
    エレベーターが止まった。閉じこめられてしまった矢代純は、乗り合わせた三人の男女、十文字誠、水藤深矢、早瀬綾佳と共に、狭い箱の中で異形のものに襲われる。その不可思議な体験以来、純たちの体に変化が起こり始めた。傷つかない体、突然回復した視力、幽霊が見える目、そして、いくら食べても満たされない飢え。戸惑う純たちの前に、モノ祓い師であるという七倉和巳が現れる。そして彼は告げる。エレベーターの中で遭遇したのは、人間を喰って生きる“モノ”であり、彼ら四人の体は今、その“モノ”と融合してしまっているのだと―。第12回電撃小説大賞“金賞”受賞。
  • 哀しみキメラII
    649円(税込)
    矢代純がその家に踏み込んだとき、男はすでに死んでいた。そしてその傍らには、手負いの動物を思わせる、一人の少女がいた。 伯父を呪い殺してしまった少女、森山真里。彼女の生活がおかしくなり始めたのは、二カ月前のあの日からだったという。一月二十八日の、京都。純はあの夜の闇と、〈モノ〉が跋扈する町の光景を思い出し、少女を連れ帰る。同じ頃、水藤深矢は橋の上で何者かに襲われて──。 少女の停滞していた十年間と、三人のキメラの静かな二カ月間が終わり、めまぐるしい一週間が始まる……。 第12回電撃小説大賞<金賞>受賞作シリーズ第2弾。
  • 哀しみキメラIII
    693円(税込)
    弱っていた水藤深矢の体は、次第に回復し始めていた。だがそれと同時に、彼は精神的な不安定さを見せるようになる。一方、矢代純の体にも異変が起きていた。時折かすむ目、長い間忘れていた気温に対する人間的な感覚。そんなとき、彼らが住む町で子供が行方不明になる事件が起きる。消えた子供たちの間に広まっていた妙な噂。彼らはある文章をお告げとして信じていた。『願いがあるならば、階段を上れ』この事件に《モノ》が関係しているのではないかと疑った純たちは、真相を追って動き始める。第12回電撃小説大賞《金賞》受賞作シリーズ第3弾。
  • 哀しみキメラIV
    803円(税込)
    二人きりになってしまった矢代純と早瀬綾佳のもとに、京都で不穏な動きがあるという知らせが届く。そこには、以前純たちをつけ狙った男の気配もあった。迷いながらも京都行きを決めた純と綾佳の前に、決別した仲間の影がちらつく。不安定な体を抱えながらも、自分にできることはしたいと望む純。その純の思うようにしてやりたいと願い、自分の体に起き始めた不調を隠して動く綾佳。そして、変わってしまった水藤深矢。行き止まりに入り込んだキメラたちの行き着く場所は―。第12回電撃小説大賞“金賞”受賞作シリーズ、感動の完結編。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています