荒木飛呂彦の漫画術【帯カラーイラスト付】

荒木飛呂彦の漫画術【帯カラーイラスト付】

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【帯カラーイラスト付】全く人気が衰えることなく長期連載が続く『ジョジョの奇妙な冒険』の作者、荒木飛呂彦。「漫画は最強の『総合芸術』」と言い切る彼が、これまで明かすことの無かった漫画の描き方、その秘密を、作品を題材にしながら披瀝する! 絵を描く際に必要な「美の黄金比」やキャラクター造型に必須の「身上調査書」、ヘミングウェイに学んだストーリー作りなど、具体的な方法論からその漫画術を明らかに! 本書は、現役の漫画家である著者が自らの手の内を明かす、最初で最後の本である。【目次】はじめに/第一章 導入の描き方/第二章 押さえておきたい漫画の「基本四大構造」/第三章 キャラクターの作り方/第四章 ストーリーの作り方/第五章 絵がすべてを表現する/第六章 漫画の「世界観」とは何か/第七章 すべての要素は「テーマ」につながる/実践編その1 漫画ができるまで――アイディア、ネーム、コマ割りの方法/実践編その2 短編の描き方――「富豪村」(『岸部露伴は動かない』)を例に/おわりに

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
288ページ
電子版発売日
2015年07月31日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

関連タグ:

荒木飛呂彦の漫画術【帯カラーイラスト付】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    漫画を描きたい人に向けた本でした。
    迷ったときに戻ってこられる地図。
    いろいろな大事な要素が詰まって漫画ができるんだなぁと知ることができた。
    好きな漫画を違った視点からもう一度読み直してみたいと思った。
    荒木先生のまだ先へ先へ進もうという思いもみられて、これからもますます荒木先生の漫画が楽しみになり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月04日

    創造力を要するストーリー構築と、技術力を要する作画。マンガ家には研究者と通じる仕事観がある。オススメ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月31日

    漫画を描くさいのコツ、基本、アイデアなどが掲載されている。
    荒木先生の秘技とも言える漫画のコツを一般公開。
    普通ならそんな事、表には出さないだろう。
    荒木先生ほどに成功しているのなら気にしないのだろうか?
    自分なら、いや、自分のような一般人の感覚では推し量れない。
    多分、これを読んだからと言って、漫...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月21日

    漫画描けないかなと思ってやる気になる本を探してなんとなく購入。ジョジョは読んでないけど、王道の少年漫画にこだわって描いているというのはイメージと違った。もっと斜に構えていると思った。いやジョジョ読んでないけど。そこここにためになる話はあったけど、「学問に王道なし」ってことだと思う。漫画の世界も大変だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月13日

    王道漫画を目指すことの重要性、そして王道漫画の作り方。
    自分が面白いと感じているけど、言葉にできなかった漫画の魅力が、言語化される体験は本当に気持ちがいい。それって批評の面白さだと思うけど、創作者によって語られる批評ではトップクラスに好き。自分の感覚と合う。
    頭が良くないとジョジョは書けないよなぁと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月02日

    『ジョジョの奇妙な冒険』で有名な荒木飛呂彦が、漫画の描き方について指南した一冊。

    漫画を描くのに詳細なキャラクターと世界観を探り、その上でストーリーとテーマを決めて描くという彼のスタイル(くしくも彼が“基本四大構造”と呼んでいる)がよくわかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月14日

    荒木さんは言わずと知れたジョジョの奇妙な冒険の作者。独自のノウハウをこれでもかこれでもかと開陳してくるので、読んでいて非常に心地が良い。ただ、自作のネタバレは随所に出てくるので、まったく荒木さんの作品を読んだことない人は、ネタバレを承知の上で読んで欲しいな、とは思う。
    まぁ、基本的にこの本は、ジョジ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白かった

    年度座 2017年01月28日

    なんでジョジョが好きなのかっていう疑問に荒木先生の人間性に惚れているんだなと思った

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月15日

    ジョジョのファンで、これを描かれる先生のことをもっと知りたいと思って手に取りました。漫画を描けるって本当にすごいなと思っていて、本の中でも漫画は最高の「総合芸術」とあったのはとても共感しました。しかし、全てが感覚的ではなく論理的に作り上げていると知ることができてすごく面白かった。自分の経験が活かせる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    ジョジョファンなので読んだ。読者側は一消費者として何の苦労もなくページを繰って楽しむだけだけど、送り出す側はここまでいろいろと考えて作ってるんだなあ、と感動すら覚える。
    職業は違えど、プロフェッショナルたるものかくあるべし、とたいへん勉強になった。
    P166 前後のデッサン、ねじれ、螺旋に関する説明...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています