日本の童貞

日本の童貞

作者名 :
通常価格 891円 (810円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

かつて「童貞」が、男子の美徳とされた時代があった!?気鋭の社会学者が、近代における童貞へのイメージ遍歴をラディカルに読みとき、現代ニッポンの性を浮かびあがらせる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
電子版発売日
2015年07月24日
紙の本の発売
2015年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

関連タグ:

日本の童貞 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年08月03日

    雑誌を中心としたメディアが童貞について、様々な言説を生みだしてきたことが分かった。
    別に僕にとって、そのような言説はかなりどうでもいいものだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月07日

    童貞言説を丹念にまとめた一冊。最後が「童貞と首を絞めるのは男性自身」という「男子ってバカよね」的なオチを迎えたのは少し残念だったが、読んだ甲斐はあった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています