明日 一九四五年八月八日・長崎

明日 一九四五年八月八日・長崎

作者名 :
通常価格 407円 (370円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

原爆投下の前日八月八日、長崎の街にはいま現在そこに住む人々と、おなじ人間の暮らしがあった。結婚式を挙げた新郎新婦、刑務所に収監された夫に接見する妻、難産の末に子供を産む妊婦……。愛し傷つき勇気を奮い起こし、悲喜こもごも生きる人々を突然に襲う運命の「明日」。人間の存在意義を問い、核の脅威と向き合う「今日」を鮮烈に描き出す。昭和文学の金字塔。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2015年07月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

明日 一九四五年八月八日・長崎 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    1945年8月8日
    その次の日、明日・・・
    長崎に原爆が投下された日。

    戦時下でその土地、長崎で生きる人々の光景

    明けない夜はない、明日は来ると誰もが希望を持ち明日を迎える

    ひたむきに生きる人々、戦争が破壊する光景

    重い話であることは言いようがないくらい伝わってくる・・

    でも忘れてはいけな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月25日

    戦時下ではあるものの、ごくありふれた夏の日の日常。
    多くの人命を一瞬で奪った惨禍の前日、人々は極々普通の日々を営んでいた。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年08月30日

     原爆前日、1945年8月8日の長崎における人々の生活について、とある夫婦の結婚式とその関係者を中心に様々な人のそれぞれの一日を描いた作品。
     あえて8月9日のことを触れずに、8月9日の早朝で物語を終え、新婚夫婦、産まれたばかりの赤ちゃんとその母親など、登場人物それぞれの「明日」はどうなったのかを一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

明日 一九四五年八月八日・長崎 に関連する特集・キャンペーン