ラストエンブリオ 1 問題児の帰還

ラストエンブリオ 1 問題児の帰還

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

“少し”特殊な力を持った少年少女の集うカナリアファミリーホームで暮らす西郷焔、 彩里鈴華、久藤彩鳥。三人はある日突然、 異世界に召喚され、現実世界をも巻き込む神魔の遊戯・ギフトゲームに巻き込まれ!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 角川スニーカー文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川スニーカー文庫
電子版発売日
2015年07月01日
紙の本の発売
2015年05月
サイズ(目安)
12MB

ラストエンブリオ 1 問題児の帰還 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年08月22日

    問題児シリーズが一段落した後の次のお話シリーズです。
    最初のシリーズを読んでいなくても、この巻から楽しむ事ができます。
    前作を読んでいる人はちょっと出てくるキャラクターがよくわかるので更に面白みが増すと思います。

    現世と異なる異世界が混じり合ってしまい、突然異世界に飛ばされた少し特殊な能力を持った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月14日

    すわ主役交代かと思いきやまさかのダブル主人公とのことで。
    ただ現状では焔がまだまだ十六夜と並び立てるほどのキャラクターとは感じないので今後を楽しみにしたいと思います。

    あとタイトル変えることができて本当に良かったですねぇ、とこっそり祝福を。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月14日

    タイトルを変えて問題児シリーズ第二幕の開幕。今回新規で出た(と言ってもいいのか分からないが)問題児たちは、前の三人と比べるとやや大人しめに見える。…いや、基準となる彼らが酷かったのか?(笑)縮んだ黒ウサギ、帰還した十六夜の巻き込まれたゲーム、他の2人やかつての登場人物たちの現状等、まだまだ始まったば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    第2部開幕

    三鷹飛鳥 2020年07月19日

    問題児シリーズの第2部開幕。
    作者本人があとがきで書いているように、この巻は問題編。
    この巻から入った読者向けに、いろいろと説明をしてくれる入門編。それだけに前シリーズからの読者には物足りなさもあるかな。

    キャラがパワー系じゃないから、どちらかというと頭脳戦がメインになるんだろうか。今後に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ラストエンブリオ のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • ラストエンブリオ 1 問題児の帰還
    “少し”特殊な力を持った少年少女の集うカナリアファミリーホームで暮らす西郷焔、 彩里鈴華、久藤彩鳥。三人はある日突然、 異世界に召喚され、現実世界をも巻き込む神魔の遊戯・ギフトゲームに巻き込まれ!?
  • ラストエンブリオ 2【電子特別版】 再臨のアヴァターラ
    アンダーウッドを守るため、精霊列車“サン=サウザンド”号に乗り込む焔たち。しかし、疾走する列車の前に新たな襲撃者が現れる! すぐに鈴華を中心とした弩砲作戦で対抗するが、“天の牡牛”の猛攻も始まり大ピンチに。激しい雷撃と巨大な水流が迫る中、彩鳥が下した決断とは!? 一方その頃、外界で調査を進めていた十六夜たちの前にも謎の敵が出現する。彼らは最強の王群“アヴァターラ”を名乗り――!? 電子...
  • ラストエンブリオ 3【電子特別版】 暴走、精霊列車!
    GWの“天の牡牛”事件から3ヵ月。“生命の大樹”計画が動き出す中、遂に主権戦争の招待状が焔たちに届く。 精霊列車には箱庭中の実力者が集結し、西郷焔はそこで“ノーネーム”の春日部耀、そして更に意外な人物たちと出会い!? 同じ頃、外界で別行動中だった十六夜とプリトゥは、“廃滅者”を名乗る強敵と遭遇。いよいよ王群“アヴァターラ”が外界でも動き出す!  箱庭と外界に激震が走る、急転直下の第3巻!! 【...
  • ラストエンブリオ 4 王の帰還
    いよいよアトランティス大陸に到着した焔たち。白夜王と黒ウサギによって新たなゲームルールが説明されるが、彩鳥はかつてのように戦えない自分の不甲斐なさに不安を隠しきれなかった。一方、廃滅者パラシュラーマとの死闘の果てに、十六夜は再び箱庭に帰還する。どうにか焔と合流する十六夜だったが、そこに“ウロボロス”の刺客が現れ!? やがて告げられる衝撃の事実。焔と十六夜の運命が決する時、再び“絶...
  • ラストエンブリオ 5 集結の時、暴走再開!
    「私は久遠飛鳥。箱庭に召還された異邦人の一人です」 アトランティス大陸の謎に挑んでいた鈴華は、その道中で久遠飛鳥、アルマテイアと出会う。意気投合する3人の前に、今度は「ラミア」と名乗る吸血鬼の少女が現れて!?  一方、十六夜の前には、春日部耀、そして飛鳥達が現れ、遂に「問題児たち」が集結する。しかし、懐かしむ間もなく、クリシュナと更なる怪物が彼らを襲撃し―― 「極相の星剣、原典候補...
  • ラストエンブリオ 6 激闘!! アトランティス大陸
    人類の敵、殺人種の王を一時的に退けた「問題児たち」。黒ウサギや御門釈天とも合流した一同は、消耗した逆廻十六夜を無理やり休ませつつ、アトランティス大陸の謎解きを進める。 そして舞台は地下迷宮へと移り、最下層へ先行する春日部耀と石碑を探す残りの面々の二手に別れて探索を開始する一同だったのだが、突然の大噴火にて事態は一変し―― 「人類を"世界の敵"にしてしまった罪を、かつて拳を振り上げ...
  • ラストエンブリオ 7 吼えよ英傑、甦れ神の雷霆!
    箱庭第二桁――ギリシャ最強の魔王・テュポエウスを辛くも一時的に退けた「問題児たち」。しかし、アトランティス大陸の異変は収まることがなく――。
  • ラストエンブリオ 8 追想の問題児
    第二次太陽主権戦争・第一回戦の激闘を乗り越え、「問題児たち」はお互いに三年の間で経験した出来事を語り合う。そして、つかの間の休息の時間も過ぎ去り、第二回戦が幕を開けるーー。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています