「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本

「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
紙の本 [参考] 1,404円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

Harry Potter and the Philosopher's Stone(『ハリー・ポッターと賢者の石』)を原書で読むためのガイドブック。ハラハラドキドキのストーリーに引き込まれ、やがて英語を読んでいることさえ意識しなくなってしまう「ハリー・ポッター」は、最高の英語の学習書といえます。しかし、使われている単語の大部分は高校1、2年までに習うものとはいえ、イディオムや話しことば、さらには背景知識がわからないと日本人には手強いのも事実です。そこで、英国ブッカー賞ノミネート作家で日本語翻訳家でもある著者、クリストファー・ベルトンが、難しい語句はもちろん、イギリスの文化的・社会的背景までわかりやすく解き明かします。映画などですっかりおなじみの固有名詞でも、J・K・ローリングがいかに考え抜いてネーミングしているかを知ることができ、原書で読む楽しさをたっぷり味わえます。翻訳本を読んでもわからない、自分で辞書を引き引き読んでもわからない、J・K・ローリングが本当に書きたかった「ことばのマジックの世界」が本書で明らかになります。

【本書の構成】
■「章題」全17章の各タイトルに込められた意味合いを解説
■「章の展開」各章の読みどころをアドバイス
■「登場人物」章ごとに初登場の人物、ひさびさに登場する人物を紹介
■「語彙リスト」難しい語句や固有名詞の用語集
■「呪文」「魔法界の生き物」「魔法の道具」・・・特に注意したい用語や背景知識を詳しく解説。これを読むだけでも楽しめる、本シリーズの大きな特色。
■「コラム」ペットと魔法使いの深い関係/ロンドン動物園/イギリスの郵便/キングズ・クロス駅/児童文学と寄宿学校/ラテン語/ハロウィーン/学校のスポーツ/魔法とキリスト教/迷信 ほか

ジャンル
出版社
コスモピア
ページ数
176ページ
電子版発売日
2015年05月01日
紙の本の発売
2003年12月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2012年08月21日

原書を読む時の副読本として購入。
まだまだ先にするはずだった原書読みをついうっかり始めてしまったので^^;
新しい章に入る前にさっと読んでいる。

文化の違いは実際に触れてみないとなかなか実感できないもの。
外国文学ではそれが当たり前に描写されているので、理解しておいた方が読書も楽しいに決まってる。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本
    Harry Potter and the Philosopher's Stone(『ハリー・ポッターと賢者の石』)を原書で読むためのガイドブック。ハラハラドキドキのストーリーに引き込まれ、やがて英語を読んでいることさえ意識しなくなってしまう「ハリー・ポッター」は、最高の英語の学習書といえます。しかし、使われている単語の大部分は高校1、2年までに習うものとはいえ、イディオムや話しことば、さらには背景知識がわからないと日...
  • 「ハリー・ポッター」Vol.2が英語で楽しく読める本
    「ハリー・ポッター」シリーズ第2巻、Harry Potter and the Chamber of Secrets(邦題『ハリー・ポッターと秘密の部屋』)を原書で読むためのガイドブック。第1巻を読み終えた人にとって、この2巻目はページ数もあまり変わらず、加速度的に最後まで読み通せるはずです。 でも、わからない語句が多くてなかなかスピードに乗れないという人には、この本が断然おすすめ。難しい単語や話しことば、イディオムの解...
  • 「ハリー・ポッター」Vol.3が英語で楽しく読める本
    「ハリー・ポッター」シリーズ第3巻、 Harry Potter and the Prisoner of Azkaban(『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)を英語で読み通す方法を紹介。著者J.K.Rowlingが採用している英文記述の慣例、読む前に知っておきたい必須語彙、ハグリッドのなまりを掲載したほか、Harry Potter and the Prisoner of Azkabanの各章に対応して、全22章の解説を付記。 13歳になったハリーたちのストーリーはます...
  • 「ハリー・ポッター」Vol.4が英語で楽しく読める本
    14歳になったハリーを待っているものは? 本書があれば辞書なしで原書が読める! 「ハリー・ポッター」シリーズ第4巻、Harry Potter and the Goblet of Fire(邦題『ハリー ・ポッターと炎のゴブレット』)を英語で読むためのガイドブック。第4巻の総語数は19万語強と、第3巻の約2倍。本の厚みに圧倒されそうですが、中身は高校1年までに習う単語が77%を占め、さらにおなじみの固有名詞を加えれば、約85%は...
  • 「ハリー・ポッター」Vol.5が英語で楽しく読める本
    原書に挑戦する人をパワフルに応援 長い、分厚い、でも絶対に読みたい! 1日でも早く読みたい! そんな「ハリー・ポッター」ファンをサポートする、シリーズ5作目、Harry Potter and the Order of the Phoenix(『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)を原書で読むための強力なガイドブックです。分析してみると、使われている語彙の約8割は中学・高校で習う単語とはいえ、日本人にとっては一筋縄では...
  • 「ハリー・ポッター」Vol.6が英語で楽しく読める本
    原書で読む楽しさを体験しよう!  「ハリー・ポッター」シリーズ第6巻のHarry Potter and the Half-Blood Prince(『ハリー・ポッターと謎のプリンス』)を原書で読むためのガイドブック。高校1年までの単語力と本書があれば、辞書なしで原書を楽しめます。第1章から最終章まで、原書と並行して読み進められるように作成。場面ごとに、イギリス版とアメリカ版ハードカバーの該当ページと行数を示しながら、...
  • 「ハリー・ポッター」Vol.7が英語で楽しく読める本
    ■シリーズ、ついに完結!■ 「ハリー・ポッター」シリーズ最終第7巻、Harry Potter and the Deathly Hallows(『ハリー・ポッターと死の秘宝』)を原書で楽しむためのガイドブック。第1章から最終章まで、原書と並行して読み進められるよう、イギリス版とアメリカ版、両方のハードカバーの該当ページと行数を要所要所で示しながら、難しい語句、固有名詞、口語表現などの日本語訳を掲載しています。日本語に...
  • 「ハリー・ポッター」Vol.8が英語で楽しく読める本
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 今年の7月末、「ハリー・ポッター」シリーズ8作目にあたる“Harry Potter and the Cursed Child”(ハリー・ポッターと呪いの子) Special Rehearsal Edition英語版(Little,Brown)が発売されました。このメルマ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは16,900

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!