砂漠の国の悩殺王女 ―それは甘くて苦い、蜜の味―
  • 最新刊

砂漠の国の悩殺王女 ―それは甘くて苦い、蜜の味―

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
紙の本 [参考] 616円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ノベル大賞受賞作家が贈る、灼熱のラブロマン第2弾!! ロールーリから帰国し、早1か月。バジの王女ラージャは、悩殺の“祝福”を解く方法を知ったものの実践はできずにいた。そんな中、バジで開かれる鷹狩競技会に参加するために、タクタルの王弟シャムスが訪れる。ロールーリでの事件以来、お互いに想い合っているラージャとシャムス。ところが、「あなたに会いに来た」と言ってくれたはずのシャムスが、なぜか突然冷たい態度を取り始めて……!?

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2015年05月01日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

砂漠の国の悩殺王女 ―それは甘くて苦い、蜜の味― のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年12月30日

    鉄面皮の王弟シャムスと天然王女のラージャのお話の続きです。
    バジの魔精ラムナーが出てきましたけど、予想に反してなよなよ系でした(^^ゞ

    シャムスが顔に似合わずラージャに会いたくて、苦手な鷹狩りにかこつけてバジにやってきたのに、ラージャへの恋心をラムナーに食べられちゃって、ラージャが半泣き状態です。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

砂漠の国の悩殺王女 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 砂漠の国の悩殺王女
    572円(税込)
    【特典ミニ小説も収録!!】砂漠の小国バジの王女ラージャは、未婚男性が我を忘れて求婚してくるという悩殺体質。呪いのような体質に悩むラージャは、お伽噺に自分と同じ体質をもつ王女の話を見つけ、くわしく調べようと大国ロールーリを目指し旅立つことになった。その旅の途中、ラージャたち一行が出会ったシャムスと名乗る無愛想な青年には、悩殺が効かないようで? 新鋭が贈る、アラビアン悩殺ロマンス!
  • 砂漠の国の悩殺王女 ―それは甘くて苦い、蜜の味―
    ノベル大賞受賞作家が贈る、灼熱のラブロマン第2弾!! ロールーリから帰国し、早1か月。バジの王女ラージャは、悩殺の“祝福”を解く方法を知ったものの実践はできずにいた。そんな中、バジで開かれる鷹狩競技会に参加するために、タクタルの王弟シャムスが訪れる。ロールーリでの事件以来、お互いに想い合っているラージャとシャムス。ところが、「あなたに会いに来た」と言ってくれたはずのシャムスが、...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています