アウトサイダー・アート入門

アウトサイダー・アート入門

作者名 :
通常価格 1,024円 (931円+税)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

アウトサイダー・アートとは、障害者や犯罪者、幻視者など正規の美術教育を受けない作り手が、自己流に表現した作品群。40年間、小さなアパートで空想の戦争物語を挿し絵とともに描き続けたヘンリー・ダーガー。手押しの一輪車を心の支えに33年間、石を運び、自分の庭に理想宮を作り上げたフェルディナン・シュヴァル。12歳で入った養護施設で貼り絵と出会った山下清。彼らに通底するのは社会からの断絶によって培われた非常識な表現手法。逸脱者だからこそ真の意味で芸術家たりえた者たちの根源に迫る。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎新書
電子版発売日
2015年04月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

    Posted by ブクログ 2016年08月20日

    壮絶な内容に身震いがするほどだった。本書に登場する芸術家たちは皆、言葉を失うほど悲惨な体験をした人々ばかりで、もし芸術の神がいるとしたらなんと残酷なのだろうかと思う。彼らの作り上げた「作品」は永久凍土に根を張る木のようにしぶとく、粘り強く、己が環境をバネにするなんて生易しい言葉では済まされないほど毒...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月14日

    美術評論家 椹木野衣によるアウトサイダーアートの解説書。ヘンリー・ダーガーを知ったことからアウトサイダーアートに興味を持ち、他にもどんな作家がいるのか気になり手にしました。本書ではフェルディナン・シュヴァル、サイモン・ロディア、ヘンリー・ダーガー、渡辺金蔵、三松 正夫、出口なお、王仁三郎、ルイーズ・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月27日

    ヒリヒリと「生」ににじり寄ろうとする切迫感というか

    「そうせざるを得なかった」切なすぎる事情も込みで、

    彼らのアートは胸が締め付けられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月07日

    仕事で、キュレーターの小出由紀子氏に会えそうな機会があったのだけれど、叶わず、本書で憂さ晴らし。
    アール・ブリュットと、アウトサイダーアートの呼び分けなど、イマイチよく分かってなかった事も書いてありスッキリ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月20日

    日本奇人伝・椹木野衣ver。
    田中一村、山下清はそうだが、出口王仁三郎や、三松正夫まで、レンジの広い人選が素敵な本です。引用にあるように、コリン・ウィルソンのアウトサイダーを下敷きにしてます。21世紀の日本人の美術評論家がリブートした文章です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月10日

    レビュー1000コ目。
    アウトサイダーアートのイメージを正しくしてもらった感じ。まさに入門書だった。
    ヘンリー・ダーガーと山下清ぐらいだった知ってるのが。面白かったし勉強になった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています