世界遺産にされて富士山は泣いている

世界遺産にされて富士山は泣いている

作者名 :
通常価格 720円 (655円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

阿川佐和子さん推薦! 「名誉欲はないけれど好奇心が人一倍。善人にみえるが案外のB面好き。そんな野口健だから、その言葉には真実がある」美しい「日本の象徴」でいま起こっていることは、日本社会が抱える問題そのものだ! 2013年6月、富士山は世界文化遺産に登録され、日本中が沸き立った。しかしその清掃登山に尽力し、「富士山が世界遺産になったらいいね」といいつづけてきた野口氏は第一報を聞いたとき、悔みに悔みきれなかったという。「清掃登山に全力を注ぐなかで、環境問題を超える富士山のほんとうの問題に気づいてしまった」。そう野口氏は語る。そこで彼がみたのは「日本の象徴」の背後で既得権にしがみつき、縄張り争いに奔走する「人間」の姿だった。そうしたなかでひたすら「世界遺産登録」だけを目的に準備が進められてきたことを、綿密な取材を重ねながら本書は描き出していく。そして、じつは今回の世界遺産登録にはユネスコからの「条件」がついていることを、どれだけの日本人が知っているだろうか。その「条件」をクリアできなかった場合、富士山は「危機遺産」入りもしくは世界遺産登録取り消しすらあり得るのだ! ならば、もつれた人間関係の糸をどう解きほぐし、日本の宝を「守る」ためにいま何をすべきなのか。そこで野口氏は「富士登山鉄道」など目から鱗のビジョンを次々に打ち出していく。そもそも江戸時代の富士山登山は「弾丸登山」どころか「スローな旅」だった。そうした「ほんとうの観光」のあり方をも描きながら、日本を代表するアルピニストが著した衝撃の一作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2015年04月17日
紙の本の発売
2014年06月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
15MB

関連タグ:

世界遺産にされて富士山は泣いている のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月29日

    伊勢神宮が世界遺産に登録しない理由がわかる。
    世界遺産は世俗のことなんだと教えられる。
    物事の本質を知るべきことを思い知らされる本質。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月12日

    野口健がこのように考えているとは。。。

    世の中の大半の人が彼の思いを勘違いしていると思うし(自分もその中の一人だった)、もっとこの富士山の世界遺産登録に関しては論じられてもいいと思う。

    結局、利権がらみなのね。。。
    と悲しくなるなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月26日

    富士山の清掃活動等を行って来た登山家・野口健が、富士山の世界遺産登録に浮き立つ日本人に冷や水を浴びせかける。

    野口が語る富士山の現状は、お寒い限りだ。トイレットペーパー交じりの白い屎尿の川はバイオトイレ導入でマシになり、5合目以上は野口らの活動でだいぶゴミが減ったと言う。しかし、5合目以下は未だに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月30日

    実際の目で見て聞いたことが書いてあったので非常に勉強になった。富士山頂が私有地なのも面白い。自分も人間だが、やはり人間は仕方がないって思う。ただ、ゴミ拾いはしようかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月13日

     新聞の書評欄で紹介されていたので読んでみた本です。
     著者の野口健氏は、日本の代表的なアルピニスト。最近は、エベレストや富士山の清掃登山等、環境問題への取り組みでも注目されています。
     本書は、その野口氏が、富士山の世界文化遺産登録をひとつのシンボリックな材料として、日本の環境保護問題の課題を浮き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月02日

    恥ずかしながら「知らなかった…」ということの連続でした。もともと「富士山を世界遺産に」と呼びかけていらしたアルピニスト野口健さんの現在の胸の内。彼がこんなことを考えていると知り、なおのこと重い。

    富士山が登録された世界遺産って、当初の「世界自然遺産」から「世界文化遺産」に変えて登録が叶ったという経...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月22日

    登山家野口健が語る富士山の現状。世界遺産登録にこぎつけた背景と、そうはいっても仮免状況で大きな課題が課せられていることなど知らないことばかり。自分も登山者としてもランナーとしてもいろいろ考えさせられるばかり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月10日

    富士山は世界遺産の価値があるのか?
    世界遺産になるとはどういうことか?

    まったくわからずに
    観光客が集まるだろうと思って
    登録(本当はまだ仮登録状態)をしてみたけれど、
    たくさんの注文がついて
    あわくってる状態。

    とてもわかりやすく、
    そして富士山のためにかかれてます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月09日

    富士山清掃活動を長年リードしてきた野口健の新書。
    世界遺産になって喜んでいると思いきや、現実の富士山の状況、取り巻く環境や関係者の話が赤裸々に語られており、素直に喜べないどころかこれからの富士山にふりかかるであろう苦難について書かれています。
    登山、自然愛好の方は一度読んだ方がいいと思われる。
    夜通...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています